2021-12

全日本大学駅伝

富士山女子駅伝2021出場大学から優勝校の結果予想

2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)12月30日(木)、富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園陸上競技場フィニッシュの7区間43.4kmで争われる前回優勝の名城大学が優勝候補筆ですがアップダウンに強い大東文化大にも注目が集まります。
ニューイヤー駅伝

富士通ニューイヤー駅伝で優勝なるか?

富士通の戦力が充実い、ニューイヤー駅伝2021で優勝への期待が高まります。昨年は予選通過ならず悔しい1年となったがその悔しさを晴らす時がきた。
ニューイヤー駅伝

井上大仁(三菱重工)ニューイヤー駅伝4区 区間賞なるか?

井上大仁が東京オリンピック内定を勝ち取るためには東京マラソンでマラソン日本記録2時間5分50秒を切って日本選手に勝たないといけないだがニューイヤー駅伝エース区間で区間新で走り調子は上向きでチャンスはある。
全日本大学駅伝

東洋大学松山和希ガクセキパワーで箱根駅伝ヒーローを目指す

東洋大学新入生松山和希(学法石川高校出身)の箱根駅伝での活躍が期待される。もちろん目標はガクセキOB相澤晃選手超えの箱根駅伝での活躍だ。
全日本大学駅伝

東洋大学石田 洸介箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝の軌跡

中学記録保持者の石田 洸介(東京農大二高)が5000m高校記録 (13.39.87) 更新を目標にシーズンインしました。遂にホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で定石田 洸介 選手が5000m高校記録を遂に更新しました
ニューイヤー駅伝

ホンダ伊藤達彦10000m優勝東京オリンピック内定

ホンダのルーキー伊藤達彦が日本選手権1万mで27:25.73の日本新記録で2位に入り、5月3日の日本選手権10000mで3位以内に入れば東京オリンピック内定を勝ち取る。
ニューイヤー駅伝

旭化成ニューイヤー駅伝優勝なるか?

ニューイヤー駅伝2021に旭化成の5連覇なるかに注目が集まります。1万mで日本記録を出したルーキー相澤を含め27分台ランナーが7名と選手層は他を圧倒し優勝候補筆頭です。
ニューイヤー駅伝

中村匠吾(富士通)東京オリンピックマラソン男子メダルなるか?

ニューイヤー駅伝2021優勝を狙っている富士通にとって中村匠吾の走りが必要です。オリンピックイヤーに向けてニューイヤー駅伝で区間賞をとって最高の状態で東京オリンピックマラソンに臨みたい。
全日本大学駅伝

東洋大学宮下隼人キャプテン箱根駅伝5区区間賞で総合優勝へ導く

東洋大学の新キャプテンとして宮下隼人が箱根駅伝2022総合優勝へ向けチームを引っ張っていきます
全日本大学駅伝

青山学院大学駅伝新入生佐藤一世箱根駅伝で強い選手になりたい。

青学駅伝の新入生に八千代松陰高校の佐藤一世が入部した。全国高校駅伝で1区1位日本人歴代1位の28分48秒を記録した世代トップ選手、タイムよりも箱根駅伝で強い選手になりたい
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました