2020-11

全国高校駅伝

高校駅伝 2020進路&箱根駅伝2021新入生情報

高校駅伝2020の有力選手の進路から箱根駅伝2021新入生情報を掲載します。高校駅伝有力選手の進路状況は、箱根駅伝の大学勢力図に大きな影響を与えます。高校駅伝2020の有力選手は、どの大学に進学し箱根駅伝2022スターを目指すのか?
ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2021出場チームから優勝順位予想・結果

ニューイヤー駅伝2021出場チームから優勝順位をを予想していきます。旭化成の5連覇を阻むチームが現れるかに注目が集まります。富士通・Honda・トヨタ自動車が対抗馬として有力です。
早稲田大学

早稲田大学箱根駅伝2021への道・選手結果より戦力予想

早稲田大学は予選会から7位に入りシード権を獲得し箱根駅伝2021では、3位以内を目標にし出来れば総合優勝へジャンプアップを狙う、早稲田大学の戦力を分析し箱根駅伝2021への軌跡をブログに更新していきます。
全国高校駅伝

石田 洸介(東京農大二高)5000m高校記録更新13分34秒74

中学記録保持者の石田 洸介(東京農大二高)が5000m高校記録 (13.39.87) 更新を目標にシーズンインしました。遂にホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で定石田 洸介 選手が5000m高校記録を遂に更新しました
東京オリンピックマラソン

日本選手権長距離東京オリンピック代表選考会エントリー・結果

2020年12月4日金曜日東京オリンピック代表選考会が大阪市ヤンマースタジアム長居で開催されます。日本長距離のNO1を決定する大会に箱根駅伝2021で活躍が予想される選手・高校日本記録を樹立した石田洸介選手など有力ランナーが集結し日本1を競います。
箱根駅伝

箱根駅伝2021出場校の戦力結果予想・箱根駅伝優勝はどこの大学に?

箱根駅伝2021の出場校20校の戦力を分析し、箱根駅伝2021の優勝校順位結果を予想していきます。更新型ブログですので随時情報と追記していき最新の箱根駅伝2021情報と箱根駅伝2021結果を提供していきます。
東京オリンピックマラソン

服部勇馬は東京オリンピックマラソン男子メダルなるか?

MGCの男子マラソンで2位に入り、東京オリンピックマラソン代表の服部勇馬選手、箱根駅伝で活躍したヒーローは箱根駅伝から東京オリンピックでメダル獲得を目指す。
箱根駅伝

青学吉田祐也別府大分毎日マラソン2020で日本人トツプ進路GMO

箱根駅伝2020で見事に4区で区間新を出した青学の吉田祐也 が 別府大分毎日マラソン2020 で陸上生活最後となるかもしれないマラソンで日本人トップの2時間8分30秒で3位に入り、ブルボンに内定していたがGMOで競技を続行する報道がされた。
全日本大学駅伝

駒澤大学田澤廉箱根駅伝2021駒大優勝へ導き東京オリンピックを狙う

箱根駅伝2021の優勝を左右する選手に駒澤大学エース田澤廉 があげられる。ルーキーイヤーの活躍を超える更なる成長で駒大の優勝の立役者として期待される。さらに東京オリンピック10000mでオリンピック代表を目標に掲げている。
箱根駅伝

三浦龍司順天堂大学3000mSC学生記録更新で箱根駅伝6区区間新狙う

高校5000mランキングトップで順天堂大学に入学した三浦龍司が3000mSCで学生日本記録を樹立し箱根駅伝での活躍に期待が高まります。現時点では箱根駅伝6区を希望区間新の期待も高まる。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました