2021-11

クイーンズ駅伝

廣中璃梨佳クイーンズ駅伝2021東京オリンピック1万m7位入賞

日本郵政グループ女子廣中璃梨佳が東京オリンピックで 10000メートルで見事に7位入賞。また、5000メートルでも14分52秒84をマークして16年ぶりに日本記録を更新 しクイーンズ駅伝2021での1区での快走が期待されます。
クイーンズ駅伝

クイーンズ駅伝2020実業団女子駅伝出場チームから優勝予想・結果

女子実業団の駅伝(クイーンズ駅伝2020)日本一はどのチームか?厳しい予選会プリンス駅伝を勝ち残った14チームと前回8位までのシード8チーム(クイーンズ8)の計22チーム出場チームから優勝予想し見事JP日本郵政グループが02:13:34で2連覇を達成
クイーンズ駅伝

新谷仁美クイーンズ駅伝2021東京オリンピックから

新谷仁美がクイーンズ駅伝2020で3区エース区間で区間2位区間新の鍋島選手を1分5秒も引き離す33分20秒の区間新の爆走を見せた区間賞を獲ったその勢いで東京オリンピックを経てクィーンズ駅伝2021で復調し積水化学初優勝に貢献したい
陸上ランキング

高校陸上ランキング・高校女子3000mランキング

高校陸上ランキング女子3000ランキングを歴代ランキング・最新のランキングを掲載します。3000m女子世界記録 8.06.11 王軍露(中国)1993年3000m女子日本記録 8.44.40 福士加代子(ワコール)20023000m女子高校記録  8.52.33 小林祐梨子(須磨学園2兵庫) 2005
箱根駅伝

世田谷246ハーフマラソン結果

箱根駅伝2022のメンバー選考などに多数の箱根駅伝常連校が参加しました。仮想箱根駅伝と呼ばれ小刻みなアップダウンなどロードの適性などを見極めるハーフマラソンとして定着してきています。
高校駅伝注目選手

山口智規学法石川高校5000m高校歴代1位に挑戦

山口智規学法石川高校が5000mで高校歴代8位の13分46秒95を記録し、学法石川高校の歴代の先輩の記録を更新した。インターハイ優勝及び高校歴代1位の記録更新に期待が高まる。
全国高校駅伝

高校駅伝2021女子進路&大学進学進路2021&実業団入部予定

高校駅伝2021女子で活躍した選手の、最新の大学進路情報と実業団入部予定を掲載していきます。
全国高校駅伝

高校駅伝2020女子進路&大学進学進路2021&実業団入部予定

高校駅伝2020女子で活躍した選手の、最新の大学進路情報と実業団入部予定を掲載していきます
全国高校駅伝

最新高校駅伝2020進路&箱根駅伝2021新入生情報

高校駅伝2020の有力選手の進路から箱根駅伝2021新入生600名の進学情報を掲載します。高校駅伝有力選手の進路状況は、箱根駅伝の大学勢力図に大きな影響を与えます。高校駅伝2020の有力選手は、どの大学に進学し箱根駅伝2022スターを目指すのか?
全日本大学駅伝

全日本大学駅伝2021予選会情報関東.関西.中四国.九州.予選選考会

全日本大学駅伝2021が11月7日に行われます。大学25校とオープン参加(日本学連選抜)が出場します全日本大学駅伝2021出場のエントリー掲載
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました