2021-06

ニューイヤー駅伝

中村匠吾(富士通)東京オリンピックマラソン男子メダルなるか?

ニューイヤー駅伝2021優勝を狙っている富士通にとって中村匠吾の走りが必要です。オリンピックイヤーに向けてニューイヤー駅伝で区間賞をとって最高の状態で東京オリンピックマラソンに臨みたい。
箱根駅伝2022

駒澤大学箱根駅伝2022への道・選手結果より戦力予想

駒澤大学は箱根駅伝2021はアンカーの劇的逆転で優勝し、箱根駅伝2022は更なる戦力充実で箱根駅伝連覇に臨む。駒澤大学の選手・結果をもとに箱根駅伝優勝の戦力を予想していきます。
東京オリンピックマラソン

東京オリンピック マラソン男子代表から札幌日程・メダル予想・結果

東京オリンピックマラソン男子が東京から札幌にコースを変更し、2021年8月8日7時スタートで開催予定です。男子代表中村匠吾 、 服部勇馬、大迫傑の3名のオリンピックメダル獲得を予想していきます。
箱根駅伝

神奈川大学箱箱根駅伝2022への道・選手試合結果より予想

神奈川大学の箱根駅伝の目標の箱根駅伝2021はシード権獲得は13位と残念ながら達成できなかった。2020からグランド・寮を一新した神奈川大学は未来へ躍進の為に重要な箱根駅伝2022がスタートする
箱根駅伝

山梨学院大学箱根駅伝への道・選手試合結果より戦力予想

山梨学院大学の箱根駅伝2020予選会は、34回連続出場がかかったが残念ながら予選会通過はならなかった。箱根駅伝2021は箱根駅伝予選会を突破して新たなスタートをきりたい。
全日本大学駅伝

全日本大学駅伝2021予選会情報関東.関西.中四国.九州.予選選考会

全日本大学駅伝2021が11月7日に行われます。大学25校とオープン参加(日本学連選抜)が出場します。昨年大会の8位までにはシード権が与えられ以外の大学は、地区で全日本大学駅伝予選会が開催され出場大学が決定します。
箱根駅伝

日本大学箱根駅伝2022への道・選手結果より戦力予想

日本大学駅伝部は、箱根駅伝2022へ向けての青葉昌幸氏(77)を監督に招き、古豪復活へ力を入れてきた。日大の箱根駅伝2022への軌跡をブログに綴っていきます。
全日本大学駅伝

全日本大学駅伝2020予選会情報関西・中四国・九州・関東予選選考会

全日本大学駅伝2020が11月1日に行われます。大学25校とオープン参加(日本学連選抜)が出場します。昨年大会の8位までにはシード権が与えられ以外の大学は、地区で全日本大学駅伝予選会が開催され出場大学が決定します。地区代表選考方法が発表されました。
箱根駅伝

中央学院大学箱根駅伝2022への道・選手結果より戦力予想

中央学院大学は箱根駅伝2021はまさかの箱根駅伝予選会敗退と箱根駅伝出場への立て直しをはかり箱根駅伝2022の復活を目指す。中央学院大学の戦力を分析し箱根駅伝2022への軌跡をブログに更新していきます。
箱根駅伝

日本体育大学箱箱根駅伝2022への道・選手試合結果より戦力予想

 日本体育大学箱箱根駅伝2021は総合14位と目標としていた順位には及ばなかった箱根駅伝2022は箱根駅伝予選会を通過し箱根駅伝2022シード権獲得を狙う
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました