2020-03

早稲田大学

早稲田大学箱根駅伝2020結果は総合7位で古豪復活誓う

早稲田大学は、13年ぶりのシード落ちとなった前回大会から1年、予選会は9位という想定外の悔しい結果に終わった中で、今年は復路5位、総合7位という成績を収めシード権を獲得することができた。
中学陸上ランキング

中学陸上ランキング2019・100m・800m・1500m・3000m

中学陸上ランキング2019・100m・800m・1500m・3000mを10傑まで掲載します。
陸上駅伝進路

女子大学駅伝2020進路

女子大学駅伝2020進路情報です。女子大学駅伝で活躍したアスリートが更なる飛躍に向かって実業団に進みます。
マラソン選手

東京オリンピックマラソン代表会見で金メダルへの意欲

東京五輪マラソン代表内定選手の記者会見が行われました。女子は前田穂南(天満屋)鈴木亜由子(日本郵政グループ)一山麻緒(ワコール)が出席。男子は服部勇馬(トヨタ自動車)のみ出席マラソン代表のオリンピック金メダルへの意欲を感じるマラソン代表会見でした。
大学駅伝

駒澤大学箱根駅伝2020優勝への道/田澤快走で悲願の優勝へ

箱根駅伝2020の駒澤大学は総合8位という結果になってしまった。次回はエース田澤廉を中心に選手層を厚くして箱根駅伝に臨む
マラソン選手

東京オリンピックマラソン代表補欠がメダルを支える

東京オリンピックマラソン代表6名が決定した。惜しくもあと1歩届かなかった男女2名を東京オリンピックマラソン代表補欠として東京オリンピックを走る用意を行い自国開催に万全を期す。
マラソン選手

大塚祥平(九電工)東京オリンピック男子マラソン補欠

東京オリンピック最終選考レースのびわ湖毎日マラソンでMGC4位の大塚祥平(九電工)の優勝への期待が高まったが、残念ながら30位と本来の力を発揮できず東京オリンピック男子マラソン補欠となった。
マラソン

びわ湖毎日マラソン2020エントリーから結果・予想

 東京オリンピックマラソン代表をかけてびわ湖毎日マラソン2020が2020年3月8日滋賀県で開催されます。東京オリンピックマラソン日本代表最後の1枠を目指すレースで 大迫傑選手が出した2時間5分29秒を切れるかに注目です。 
マラソン選手

福士加代子名古屋ウイメンズマラソンで東京オリンピック内定なる

MGC7位の福士加代子が東京オリンピックマラソン代表をかけて名古屋ウインメンズマラソンに挑戦する。福士は現役最後の覚悟を持って松田選手が出した2時間21分47秒を切れば東京オリンピック代表に挑戦する
マラソン選手

安藤友香名古屋ウイメンズマラソンで東京オリンピック内定なるか

MGC8位の安藤友香が東京オリンピックマラソン代表をかけて名古屋ウインメンズマラソンに挑戦する。松田選手が出した2時間21分47秒を切れば東京オリンピック代表内定となる
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました