2020-03

早稲田大学

早稲田大学箱根駅伝2020結果は総合7位で古豪復活誓う

早稲田大学は、13年ぶりのシード落ちとなった前回大会から1年、予選会は9位という想定外の悔しい結果に終わった中で、今年は復路5位、総合7位という成績を収めシード権を獲得することができた。
駒沢大学

駒大駅伝箱根駅伝2021への挑戦優勝争いにいかに絡めるか?

駒大駅伝が箱根駅伝2021に向けて始動した。神戸駿介主将がチームを引っ張り、新入生には有望な選手が多数入部するさらに駒大駅伝エースとしてチームの大黒柱田澤廉が学生陸上界のエースとして成長するかにも注目が集まる。
中学陸上ランキング

中学陸上ランキング2019・100m・800m・1500m・3000m

中学陸上ランキング2019・100m・800m・1500m・3000mを10傑まで掲載します。
東京オリンピックマラソン

東京オリンピックマラソン代表決定メダル獲得なるか?

東京オリンピックマラソン代表が決定しました。オリンピックマラソン男子代表は、中村匠吾 、 服部勇馬、大迫傑の3名オリンピックマラソン女子代表は、前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒の3名に決まりました。
陸上ランキング

高校陸上ランキング100m・1500m・3000m・5000m・1万m

高校陸上ランキング100m・1500m・3000m・5000m・1万mを年度毎に掲載していきます。
國學院大学

国学院大学箱根駅伝2021への道・選手結果より戦力予想

箱根駅伝2020で国学院大学は3位に入り、箱根駅伝常連校から強豪校へ新しいステージに入りました。チームスローガン「覚悟と証明 歴史を継承し新しい未来へ」チーム全員で箱根駅伝総合3位を目指す国学院大学の軌跡をブログに掲載します。
陸上駅伝進路

女子大学駅伝2020進路

女子大学駅伝2020進路情報です。女子大学駅伝で活躍したアスリートが更なる飛躍に向かって実業団に進みます。
東京オリンピックマラソン

東京オリンピックマラソン代表会見で金メダルへの意欲

東京五輪マラソン代表内定選手の記者会見が行われました。女子は前田穂南(天満屋)鈴木亜由子(日本郵政グループ)一山麻緒(ワコール)が出席。男子は服部勇馬(トヨタ自動車)のみ出席マラソン代表のオリンピック金メダルへの意欲を感じるマラソン代表会見でした。
MGC

松田瑞生東京オリンピックマラソン女子代表補欠まだチャンスは

東京オリンピック女子マラソン内定をかけ松田 瑞生が東京国際マラソン優勝に挑み24歳の松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分47秒で優勝した。日本陸上競技連盟が定めた設定記録(2時間22分22秒)をクリアし、五輪代表最後の1枠入りへ有力となったが、一山が名古屋ウイメンズマラソンで記録を更新し東京オリンピックは補欠となった。
大学駅伝

駒澤大学箱根駅伝2020優勝への道/田澤快走で悲願の優勝へ

箱根駅伝2020の駒澤大学は総合8位という結果になってしまった。次回はエース田澤廉を中心に選手層を厚くして箱根駅伝に臨む
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました