全日本実業団ハーフマラソン2022結果

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
8414656
競技会記録会

全日本実業団ハーフマラソンが2月13日に山口市維新みらいふスタジアム発着、山口循環コース=21・0975キロ)で開催されハーフマラソン男子の部は、林田洋翔(三菱重工)が1時間38秒の日本歴代8位の好記録で優勝したました。箱根駅伝ランナーでは駒澤大学キャプテン山野力が日本学生最高記録で4位に入りました。

全日本実業団ハーフマラソン2022男子結果

 

駅伝ファン
駅伝ファン

全日本実業団ハーフマラソンが2月13日に山口市維新みらいふスタジアム発着、山口循環コース=21・0975キロ)で開催されハーフマラソン男子の部は、20歳の林田洋翔(三菱重工

ニューイヤー駅伝3区3位)が1時間38秒の日本歴代8位の好記録で優勝したました。2位の中山顕(Honda)、3位の田村友佑(黒崎播磨)と同タイムで1時間0分38秒は日本歴代8位タイにランクインする激しいレースでした。

 1位 林田洋翔(三菱重工)1時間38秒 日本歴代8位

 2位 中山顕(ホンダ)1時間38秒 日本歴代8位

 3位 田村友佑(黒崎播磨)1時間38秒日本歴代8位

 4位 山野力(駒大3年)1時間40秒 日本学生最高記録🥇

 5位 西山和弥(トヨタ自動車)1時間41秒

 6位 今井崇人(旭化成)1時間42秒

 7位 荻久保寛也(ヤクルト)1時間43秒

 8位 山本歩夢(国学院大1年)1時間43秒

 9位 松山和希(東洋大2年)1時間43秒

10位 小林歩(NTT西日本)1時間44秒

11位 佐藤悠基(SGH)1時間46秒

16位 篠原倖太朗(駒大1年)1時間1分1秒

27位 中村高洋(京セラ鹿児島)1時間1分22秒

30位 服部勇馬(トヨタ自動車)1時間1分24秒

40位 花尾恭輔(駒大2年)1時間1分37秒

44位 市田孝(旭化成)1時間1分41秒

64位 伊予田達弥(順大3年)1時間2分11秒

66位 川内優輝(あいおいニッセイ同和)1時間2分13秒

全日本実業団ハーフマラソン2022箱根駅伝ランナー結果

箱根駅伝
箱根駅伝

山野力(駒大)1.00.40=日本人学生最高を記録しました。
山本歩夢(國學院大)1.00.43=日本人学生歴代2位タイ!
松山和希(東洋大)1.00.43=日本人学生歴代2位タイ!

と好記録が続出しました。


山野力(駒大)1.00.40
山本歩夢(國學院大)1.00.43
松山和希(東洋大)1.00.43
篠原倖太朗(駒大)1.01.01
花尾恭輔(駒大)1.01.37
伊豫田達弥(順大)1.02.11
石井一希(順大)1.02.20
藤木宏太(國學院大)1.03.30
越陽汰(東海大)1.03.38
藤本珠輝(日体大)DNS

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました