東洋大学

東洋大学

東洋大学箱根駅伝2022への道・選手結果より戦力予想

東洋大学は箱根駅伝2021は🥉に返り咲き、更に箱根駅伝2022は総合優勝を目指せるだけの戦力が整いつつあります。東洋大学の選手・結果をもとに東洋大学の戦力を予想します。
全国高校駅伝

石田 洸介(東京農大二高)5000m高校記録更新13分34秒74

中学記録保持者の石田 洸介(東京農大二高)が5000m高校記録 (13.39.87) 更新を目標にシーズンインしました。遂にホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で定石田 洸介 選手が5000m高校記録を遂に更新しました
東洋大学

東洋大学宮下隼人キャプテン箱根駅伝5区区間賞で総合優勝へ導く

東洋大学の新キャプテンとして宮下隼人が箱根駅伝2022総合優勝へ向けチームを引っ張っていきます
東洋大学

東洋大学箱根駅伝2021への挑戦・選手・結果より予想

東洋大学駅伝が箱根駅伝2021で3位以内に返り咲きに向け、伝統校としてのプライドで3位以内取り戻し原点回帰で新たな戦力で挑戦する軌跡をブログに残します。
東洋大学

東洋大学松山和希ガクセキパワーで箱根駅伝ヒーローを目指す

東洋大学新入生松山和希(学法石川高校出身)の箱根駅伝での活躍が期待される。もちろん目標はガクセキOB相澤晃選手超えの箱根駅伝での活躍だ。
全日本大学駅伝

東洋大学西山和弥全日本大学駅伝・箱根駅伝エース区間で区間賞

東洋大学のエース西山和弥が完全復調した。28分3秒の今季日本人最高を記録し駅伝シーズンに向けて東洋大学の頼れるエースが全日本大学駅伝・箱根駅伝でエース区間で区間賞を狙う
ニューイヤー駅伝

相澤晃旭化成で10000m日本新記録東京オリンピック代表内定

日本選手権1万mで優勝し、東京オリンピック代表に内定した相澤晃選手のニューイヤー駅伝の走るに注目です。予定では4区エントリーが濃厚で、優勝を狙う他のチームのエースが集結し駅伝でも圧倒的な強さをみせつけたいところです。
東洋大学

東洋大学箱根駅伝2020結果・エース相澤の快走優勝逃す

東洋大学の箱根駅伝2020の結果は、優勝を目指し臨み、相澤、宮下の2つの区間賞を取りながらも、うめく歯車が噛み合わず、総合成績10位という結果で終わった。
東洋大学

東洋大学大澤駿が復路重要区間快走で箱根駅伝2020優勝なるか?

箱根駅伝2020の東洋大学の3年の 大澤駿 は、復路重要区間にエントリーされまさに箱根駅伝総合優勝をかけて優勝争いを展開されることが想像されまさに東洋大学総合優勝のキーマン選手だ
東洋大学

東洋大学渡邉奏太の4区快走で箱根駅伝2020優勝なるか?

箱根駅伝2020の東洋大学の4区準エース区間にケガから復帰した4年 渡邉 奏太 がエントリーされた。東洋大学にとっては相澤で奪ったアドバンテージを保って5区宮下隼人に楽にタスキを渡したい重要区間となる。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました