創価大学

創価大学

多摩川5大学対校長距離競技会結果 箱根駅伝2020戦力分析

10月4日、静岡県裾野市で多摩川5大学対校長距離競技会が行われました。この大会は新型コロナウイルスの影響により出雲駅伝が中止となり都内の多摩川沿いを拠点とする駒澤大、明治大、國學院大、帝京大、創価大の5校による対校戦として実施されました。箱根駅伝2021を予想するうえで大事なレース
創価大学

創価大学箱根駅伝2021への道・選手結果より戦力予想

創価大学は予選会から10位に入りシード権を獲得し箱根駅伝2021では、創価大学史上最強チームを目指し箱根駅伝常連校への布石を築く、創価大学の戦力を分析し箱根駅伝2021への軌跡をブログに更新していきます。
創価大学

創価大学箱根駅伝2020結果/米満怜・嶋津区間賞シード件獲得なる

創価大学駅伝部は、米満怜・嶋津区間賞を獲得しシード件獲得なりました箱根駅伝4年連続区間賞を記録し榎木監督を迎えいきなりの9位と初のシード権獲得を実現させた。
創価大学

創価大学米満怜箱根駅伝1区区間賞でシード権獲得へ

箱根駅伝2020の1区の区間賞は創価大の米満怜(4年)が区間歴代2位の1時間1分13秒で区間賞を獲得し創価大学初の区間賞を獲得シード権獲得に1歩近づいた。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました