東洋大学箱根駅伝2022への道・選手結果より戦力予想

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
3774610
東洋大学

 東洋大学は箱根駅伝2021は🥉に返り咲き、更に箱根駅伝2022は総合優勝を目指せるだけの戦力が整いつつあります。東洋大学の選手・結果をもとに東洋大学の戦力を予想します。

東洋大学箱根駅伝2022

東洋大学<br>ファン
東洋大学
ファン

前回10位から、酒井監督の言葉通り、3位に返り咲いた東洋大学、今回ひとりひとりが自分の走りができ、選手層が厚くなっています。さらに高校記録保持者、石田選手など勢いがあるルーキも入部し、箱根駅伝2022は優勝を狙えるチーム力です。

酒井<br>監督
酒井
監督

これまでのエースに依存していた傾向を反省し、一人一人が使命感、責任感を持って取り組んできました。 箱根駅伝では粘りのある、1秒をけずりだす走りができたのもこの1年の成長の証かと思います。

  次回大会は他大学も力を付け混戦模様の箱根駅伝が予想されますが、箱根駅伝2022は優勝の目標に掲げて頑張っていきます。

箱根駅伝2022パーフェクト情報

東洋大学箱根駅伝2021結果より箱根駅伝2022戦力予想

東洋大学<br>ファン
東洋大学
ファン

箱根駅伝2021は2区をルーキーながら快走した松山選手、5区区間3位の宮下選手と柱となる選手が確立し、今回しっかり走れた児玉・前田など選手層が厚くなり更なる成長が期待できます。

東洋大学箱根駅伝2021軌跡

総合成績🥉11:00:56 往路成績 🥈05:30:22 復路成績9位05:30:34

1区9位児玉悠輔01:03:24

2区4位松山和希01:07:15

3区8位前田義弘01:03:55

4区6位吉川洋次01:03:39

5区3位宮下隼人01:12:09

6区14位九嶋恵舜01:00:05

7区12位西山和弥01:04:54

8区2位野口英希01:04:15

9区7位小田太賀01:10:08

10区9位清野太雅01:11:12

箱根駅伝2021結果一覧

東洋大学箱根駅伝2022戦力予想

名前学年高校箱根駅伝全日本ハーフ1万m走力箱根総合
蝦夷森章太 3年愛知1 . 03 . 5629 : 46 . 16
腰塚遥人  3年桐生工6区5位1 : 10 : 1929 : 44 . 62
宮下隼人3年富士河口湖5区3位8区4位1 . 04 . 5928 : 37 . 3661824
久保田 悠月2年埼玉栄1 : 05 : 0629 : 19 . 2622
児玉悠輔  2年東北1区9位1区9位29 : 56 . 201212
清野太雅  2年喜多方10区9位1 . 03 . 4829 : 03 . 5931215
前田義弘2年東洋大牛久3区8位4区4位1 : 04 : 2629 : 14 . 4221315
村上 太一  1年北海道 北見緑陵29 : 26 . 3211
九嶋恵舜   1年小林6区14位29 : 05 . 9977
佐藤真優1年東洋大牛久3区9位29 : 24 . 0611
松山和希 1年学法石川2区4位2区7位13 : 48 . 801717
3779106

箱根駅伝2022優勝順位予想

東洋大学箱根駅伝2022新入生戦力予想

東洋大学<br>ファン
東洋大学
ファン

5000m高校歴代1位の記録を更新した石田洸介選手が

東洋大学に入学します。箱根駅伝でどんな活躍してくれるかに注目です。

1500m3.44.62の甲木選手など粒ぞろいの選手が揃ってどの選手が伸びてくるかも楽しみです。

13.34.74高校歴代1位 石田洸介(東農大二高校) 927 

14.12.20甲木康博(城西大城西高)

14.14.95梅崎 蓮(宇和島東高校)

14.15.29永吉恭理 (須磨学園高校)

14.16.75北村勇貴 (東農大二高校)

14.18.44吉田 周 (広島国際学院高校)

14.19.84小林亮太 (豊川高校)

14.26.30鈴木陵介 (名経大高蔵高校)

14.27.37吉田 藍希(新居浜東高校)

14.30.50下山田 稜 (学法石川高校)

14.28.98松田 爽 (東北高校)

14.35.12増田涼太 (広島皆実高校)

高校駅伝進路一覧

東洋大学箱根駅伝2022注目選手

東洋大学の注目選手を掲載しています。

東洋大学石田洸介

石田洸介
石田洸介

正式に東洋大学に合格できました。東洋大学入学の決めたのは酒井監督のもとで世界を目指したいと思ったからです。自分の在学中の最大の目標は大学4年の年にあるパリオリンピックに出場することです。箱根駅伝優勝はもちろんですが、その先の世界を目指し、服部さんや相澤さんをはじめとするOBの方々を超えれる選手になれるよう、酒井監督の指導のもと、頑張っていきたいです。

東洋大学松山和希

東洋大学<br>松山選手
東洋大学
松山選手

10年間ずっと走りたいと思ってきて、初めての箱根駅伝と言うことで、箱根駅伝のために練習をしてきて、楽しみなレースで序盤から楽しんでレースができました。学法石川相澤先輩のようにチームの絶対的エースに憧れがあって、そういった面で今後目指していきたいです。

東洋大学宮下隼人

東洋大ファン
東洋大ファン

宮下選手は5位で襷を受け、快調に飛ばしていき、2位まで順位を上げた区間賞の期待もあったが元箱根18.7キロ地点までは区間トップだったが右足に痛みがでてペースダウンし区間賞はならなかったが4年生の最後の箱根駅伝5区の区間賞が期待される。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました