駅伝全般

駅伝全般

第1回全国招待大学対校男女混合駅伝競走大会参加大学・結果

第1回全国招待大学対校男女混合駅伝競走大会が3月21日に長居公園内特設コース(大阪市))で開催すされます。
クイーンズ駅伝

松田瑞生名古屋ウィメンズマラソン初優勝

松田瑞生(ダイハツ)がマラソン日本記録更新のペースのハイペースで進み、22キロから独走となり2時間21分51秒で名古屋ウィメンズマラソン初優勝を飾りました。
ニューイヤー駅伝

井上大仁(三菱重工)ニューイヤー駅伝4区 区間賞なるか?

井上大仁が東京オリンピック内定を勝ち取るためには東京マラソンでマラソン日本記録2時間5分50秒を切って日本選手に勝たないといけないだがニューイヤー駅伝エース区間で区間新で走り調子は上向きでチャンスはある。
全日本大学駅伝

青学駅伝箱根駅伝2021連覇へ挑む挑戦記録結果

青学駅伝の箱根駅伝2021までの歩みを記録していきたいと思います。青学駅伝の連覇への軌跡を残せたら幸いです。
全日本大学駅伝

早稲田大学エース中谷雄飛箱根駅伝で飛躍の予感

早稲田大学の中谷雄飛が都道府県駅伝でアンカーで長野県の優勝に貢献する走りは箱根駅伝2021の活躍の予感を感じさせる走りだった。中谷雄飛選手の強さに秘密に迫ってみたい。
全日本大学駅伝

駒大駅伝箱根駅伝2021逆転優勝

駒大駅伝が箱根駅伝2021に向けて始動した。神戸駿介主将がチームを引っ張り、新入生には有望な選手が多数入部するさらに駒大駅伝エースとしてチームの大黒柱田澤廉が学生陸上界のエースとして成長するかにも注目が集まる。
全日本大学駅伝

城西大学箱根駅伝2021への挑戦 箱根駅伝予選会 全日本大学駅伝

城西大学の箱根駅伝2021への挑戦を箱根駅伝予選会2021から全日本大学駅伝での走りを掲載していきます。 今季は戦力も充実し箱根駅伝予選会突破で昨年の雪辱に燃えています。
ニューイヤー駅伝

富士通浦野雄平ニューイヤー駅伝7区区間賞

富士通のルーキー浦野雄平がニューイヤー駅伝デビュー、東日本実業団駅伝では1区区間賞で波の乗っているニューイヤー駅伝でも区間賞の期待が高まる。
ニューイヤー駅伝

中村匠吾(富士通)東京オリンピックマラソン男子メダルなるか?

ニューイヤー駅伝2021優勝を狙っている富士通にとって中村匠吾の走りが必要です。オリンピックイヤーに向けてニューイヤー駅伝で区間賞をとって最高の状態で東京オリンピックマラソンに臨みたい。
全日本大学駅伝

東京国際大学箱根駅伝2021への道・選手結果より戦力予想

東京国際大学は予選会トップ通過の勢いをそのままに、大学史上初の5位でシード権を獲得し箱根駅伝2021では、更なる飛躍で常連校の布石を築く、東京国際大学の戦力を分析し箱根駅伝2021への軌跡をブログに更新していきます。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました