ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023結果

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
15164063
競技会記録会

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023の箱根駅伝有力大学の結果を掲載します。

 

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023結果

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝まであと半年と迫ったこの時期、前半戦を締めくくるホクレン・ディスタンスチャレンジ2023は、秋からの駅伝シーズンを予想するうえでも重要な記録会です。各大学のエースの走りや、今季ブレークしそうな選手を見極める大事な記録会です。各大学のホクレン・ディスタンスチャレンジ2023の結果を掲載します。ポイントとなりそうな結果のみを掲載します。

箱根駅伝2024最新情報👇

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023 駒澤大学

日本歴代10位 13.24.55 鈴木 芽吹 2023. 7.15

鈴木 芽吹選手
鈴木 芽吹選手

駒澤大学は6月末まで合宿をしていたのであまり調子が良くなかく、7月に入ってから少しずつ良くなってきた。これなら学生記録は絶対にいけると思っていました。

鈴木選手を詳しく👇

男子5000mC組赤津勇進(駒澤大4)13分43秒79 C組1位

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

ペースメーカーは1000mを2分44秒、2000mを5分31秒で通過。青学大の黒田朝日選手(2年)がトップを走り、赤津選手はしっかりとこれにつき3000m過ぎに黒田と一騎打ちとなり4000mを11分05秒で通過してから赤津選手が前に出て自己ベスト13分43秒79 C組1位となりました。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023 中央大学

ホクレン千歳

ホクレン網走

5000m D組白川 陽大(2) 14’12″2

5000m C組 伊東夢(2) 14’00″0 山﨑(1) 14’40″9

5000m A組山平(3) 13’44″3 溜池(2) 13’46″8

1500m 鈴木 耕太郎(1) 3’45″3

〈ホクレン深川〉

1500m 山田俊輝(4) 3’47″70

5000m A組 吉中祐太(2) 13’48”

5000m B組 浦田優斗(3) 13’57″7

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023

5000mC組3位 黒田朝日(青学大)13分52秒68※自己新

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023 國學院大學

網走大会

男子10000mA組平林清澄(3年)27分55秒15

男子5000メートルA組山本歩夢(3年)13分34秒85

深川大会

10000m伊地知賢造(4年)28分37秒39

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023 早稲田大学

石塚陽士(早稲田大)13分33秒86

ホクレン千歳大会5000mA

山口智規 13分35秒35 12着

伊藤大志 13分37秒19 13着

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました