箱根駅伝ビデオ/拓殖大学箱根駅伝選手天国のダイスケへ

スポンサーリンク
Page Views(since2020/02/25)2月26万PV
245583
箱根駅伝

 拓殖大学の箱根駅伝を走った佐藤大輔さんの実話をもとに 日テレ50周年記念ドラマとして2003年に制作された箱根駅伝を描いた超感動作です。

ひとり社長
ひとり社長

天国のダイスケへ

を見終わったあとつい涙があふれてきてしまいました。

 このビデオを見て、つい涙があふれてきてしまいました。

確かに、私もあの当時ダイスケさんと同じ風を感じ箱根駅伝を走っていた一人の選手として

スポンサーリンク DMMFX今なら新規登録で20,000円キャシュバックキャンペーン実施中

スポンサーリンク

拓殖大学で箱根駅伝を走った選手の実話天国のダイスケへをご存じですか?

箱根駅伝を走った拓殖大学の日テレ50周年記念ドラマとして2003年に制作された箱根駅伝を描いた超感動作です。

 ドラマの中にこんな、一言があります。

「襷は、繋ぐのではなく、託すものだと」

佐藤選手(小栗旬)が新聞記者(福山雅治)に言った一言です。

箱根駅伝を走っている選手の気持ちを伝えている言葉だと思います。

確かに箱根駅伝を走っている選手は、チームメイト全員の気持ちを1本の襷に託して次の選手に襷を渡します。

大袈裟かもしれませんが、夏のお盆休みに時間があったのでこのビデオを見て感動し、佐藤選手の事を一人でも多くの人に知ってもらい、箱根駅伝を走る選手の気持ちを箱根駅伝を経験した人間しかわからない気持ちを箱根駅伝を見る人に知ってもらえたらとブログをはじめました。

 ブログをはじめて約3か月ですが1日のPVが5000を超えましたので、一つの区切りとして

今回拓大の箱根駅伝選手だった佐藤大輔選手の記事を書かせて頂きます。

福山雅治が新聞記者役と小栗旬と共演箱根ドラマ

大手敏腕政治記者から、失敗が原因でスポーツ部に降格人事でふてくされている新聞記者役に福山雅治さんが出演してます。

まだ若い!ほんと若い!小栗旬が 佐藤大輔さん役で出演している今となっては、貴重な共演です。

 箱根駅伝にかかわるドラマを見つけていてこの作品に出会いました。

拓殖大学で箱根駅伝を走った選手の実話をもとに作成された特別ドラマだ もしかしたら、私も一緒に走った事があるかもしれない?佐藤選手は、関東インカレ1500m優勝したほどの凄い選手だった。

それをまだ!若い小栗旬が熱演している確かに、カッコいいこんな箱根駅伝選手がいたら、凄く注目されるだろうーという、今の小栗旬とは、違う演技は必見の価値があります。

 まさに、私が箱根駅伝を駆け抜けていたあの時代のドラマで、心はあの時代にタイムスリップしていた。

 拓殖大学米重監督

当時、拓殖大学は旭化成出身の米重監督のもと力をつけていた。

知り合いがいたが、米重監督は、厳しい監督と聞いた事を覚えている。

 たが、人間味があって凄く良い監督だったとも聞いている。

当時米重監督のもと、厳しい練習で力をつけ、新興勢力として勢いがあったように記憶している。 米重監督役を山下真司が熱演しています。

米重監督は、旭化成で活躍したスピードランナーだった。

その米重監督が拓殖大学の監督になると聞いて、ビックリした記憶が蘇る。

天国のダイスケへ をビデオを見終わったあと涙が止まらなかった。

決して人前で泣かない自分だが涙が溢れて止まらない、同じ時代、私も同じ風を感じながら走っていてあの箱根駅伝を走っていた時代に、ビデオを見てタイムスリップしていた自分がいた。

もう20年以上前だが、 タスキを託す為に全てを 全力を尽くして駆け抜けた。

 あの時の気持ちを思い出させてくれた。

佐藤大輔選手は、 NEC実業団で競技を続けたが直後に、急性の血液の病気で亡くなられた。

きっと、 走りたかっただろうし恋人もいらしゃたみたいだから、生きたかったに違いない。

それを考えたら、心臓がキュンとなってしまとた。

生きている事を、あたり前に感じている日々、もし自分が同じ立場になったら何を考えるだろうかぁ?と考えさせられた。

お見舞いに来た福山雅治役の記者に

僕死ぬんですかね?

と佐藤選手(小栗旬)が、問いかける場面がある。

新聞記者(福山雅治)が

当たり前やろ!人間誰でも死ぬたい。

と 冗談ぽく言った!シーンが とても切なくなってしまった。

 生きている事が当たり前、みたいに感じている自分自身がこの言葉を聞いて、今を生きる大事さを感じた作品だった。

天国のダイスケへ を見てブログをはじめようと思いました。

 箱根駅伝を共に走った選手が、残した気持ちを忘れたらいけない あの時同じ風を感じていたに違いない。

あれから20年以上経ち、箱根駅伝を感じるのは、お正月だけになってしまったが、日々あの時、過ごした友や辛い練習に耐え最高な目標にひたむきに走っていた記憶は一生の宝物になっている。

 忘れないで欲しい、拓殖大学の佐藤大輔選手の箱根駅伝を確かに走った記憶を

あれから、20年 自分も箱根駅伝で学んだ事を生かして、今も人生を走り続けている。

 自分が今 生かされてている事へ感謝したし、 今の悩みがちっぽけに感じた。

箱根駅伝の本当の大切さとは?

 生かされている間、 どんな困難も箱根駅伝で学んだ事を活かして全力で走りきらないといけない。

 俺は、幸せだ 今こうして、色んな事に挑戦出来ていることにあんまり、ドラマとか見ないが、心震えるドラマだった。ありがとう。

 1人でも多くの方に、20年以上前にはなりますが、箱根駅伝を駆け抜けた拓殖大学佐藤選手という箱根駅伝選手がいたことを知って頂けたら同じ時代に箱根駅伝を駆け抜けた者として唯一できる事かと思います。

 「天国のダイスケへ」ビデオを見て、ブログをはじめるきっかけになりました。 この気持ちを忘れないうちに何かにメモしておこうと、だいぶ前に書いていたはてなブログに書きました。

それがきっかけで、この箱根駅伝を走ったひとり社長のつぶやきブログを作ろうと考えた一つのパワーを与えてくれたドラマです。

 今回、ブログをはじめて約3か月1日のPVが5000を超えたので書かせて頂きました。

1日PV5000

箱根駅伝関係ビデオ

天国のダイスケへ

拓殖大学の箱根駅伝選手の実話をもとに、福山雅治、小栗旬の共演した話題作

風が強く吹いている

風が強く吹いているは新潮文庫より文庫版も刊行されている。物語は二人の男子大学生を中心に展開される。弱小チームが箱根駅伝出場の為に成長していく過程を映画化した作品

アニメ化もされています

ひとり社長
ひとり社長

天国のダイスケへを見た後

この気持ちを忘れたらいけない

何かに書き残しておかないと!

という気持ちからブログを書き始めました。

 これからも、箱根駅伝経験者しか書けないブログを

書けていけたらと思います。

スポンサーリンク DMMFX今なら新規登録で20,000円キャシュバックキャンペーン実施中

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました