クイーンズ駅伝2019優勝予想.結果/日本郵政VSパナソニック

Page Views(since2020/02/25)5月15.4万PV 訪問頂きありがとうございます!
690037
駅伝全般

クイーンズ駅伝2019は、杜の都・仙台で11月24日に行われます。

クイーンズ駅伝の正式名は「全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」です。

2019年で39回目の大会となる歴史のある大会で多くのオリンピック選手が出場しています。

クイーンズ駅伝2019優勝予想ならびに結果速報を掲載します。

クイーンズ駅伝2019 順位・結果

  1区でスーパールーキー広中璃梨佳が区間新、驚異の21分32秒でタスキリレーすると、最終6区まで先頭を1度も譲らない完全優勝でクーインズ駅伝2019は幕を閉じた。

優勝予想のパナソニックの3連覇はならず。3位に終わった。

クーインズ駅伝順位

 優勝 日本郵政グループ 2時間15分10秒

(2)ダイハツ 2時間15分15秒

(3)パナソニック 2時間15分21秒

(4)天満屋 2時間15分38秒

(5)ワコール 2時間16分07秒

(6)三井住友海上 2時間16分14秒

(7)デンソー 2時間16分31秒

(8)豊田自動織機 2時間16分34秒

<ここまで来季シード権>

(9)積水化学 2時間17分37秒

(10)エディオン 2時間17分38秒

(11)第一生命グループ 2時間17分44秒

(12)資生堂 2時間17分48秒

(13)ヤマダ電機 2時間18分08秒

(14)九電工 2時間18分54秒

(15)京セラ 2時間19分21秒

(16)ユニバーサル 2時間19分32秒

(17)日立 2時間20分36秒

(18)ルートインホテルズ 2時間21分06秒

(19)肥後銀行 2時間21分10秒

(20)大塚製薬 2時間21分20秒

(21)スターツ 2時間23分10秒

(22)ユニクロ 2時間23分20秒

クイーンズ駅伝2019優勝予想

出場チームは、2018年のシード権獲得チーム(入賞8チーム「クイーンズ8」)と、

予選会(プリンセス駅伝)で出場権を獲得した14チーム、計22チームで優勝を争います。

今回のクーインズ駅伝2019優勝予想ですが、

日本郵政と前年チャンピオンパナソニックの一騎打ちになりそうな予感です。

それに天満屋が割って入れるかになると思います。

クーインズによる、熱い42.195キロの争いが繰り広げられる。

クイーンズ駅伝2019優勝予想 JP日本郵政

 日本郵政は、大型新人 新人の広中の加入で大幅に戦力がアップしている。

ここが、今回優勝候補としてあげたポイントだ!

大型新人広中は1区の可能性が高い。

今年1月の全国都道府県対抗女子駅伝1区(6・0キロ)でも、実業団・大学生選手を抑えて区間賞を獲得した。 勝負強さに加えアップダウンに強いのが広中の魅力だ。

クイーンズ駅伝1区は上りが多いが、上りが強い広中選手にとっては好都合のコースで1区から日本郵政が逃げ切る可能性がある。

更に、MGCでオリンピック内定した、鈴木亜由子の3区の起用が予定され、 5区の最長区間は、日本選手権1万m優勝の鍋島莉奈と隙のないオーダーが組めそうだ。

クイーンズ駅伝2019優勝予想 パナソニック

 2018年クイーンズ駅伝覇者のパナソニックは、今年も連覇を狙う。

3区のエース区間には前回区間賞の渡辺奈々美(20)が2年連続で走りそうだ。

昨年は「自分のペースで」走りができた。

昨年と同じくこの区間からの独走態勢に持ち込めるれば、パナソニックの連覇の可能性がグッと近づく。

クイーンズ駅伝2019優勝予想 天満屋

 クイーンズ駅伝2018では、惜しくも2位となった天満屋。

今年は、MGCでオリンピック 前田穂南(23)に内定しチームも勢いに乗っている。

今年こそは、優勝を狙って勝負に挑む。

 やはり前田の走りが、キーポイントになりそうだ。今回3区の出場が濃厚な前田選手

日本郵政は鈴木亜由子(28)、マラソン東京五輪代表2人の対決が実現しそうだ。

鈴木は元々スピードタイプで、トラック種目で世界陸上&五輪代表が3回ある。

前田は対照的にスタミナタイプだったが、クイーンズ駅伝2018は初めて3区を任された。

区間5位ながらチームを2位に押し上げる走りがチームに大きく貢献した。

 今年も、前田が3区エース区間で粘れれば、選手層の厚い天満屋にも十分優勝の可能性がある

クイーンズ駅伝2019 優勝へのポイント

 日本郵政が優勝候補と言っていいいだろう。 1区の広中選手の独走をパナソニック、天満屋が

食い止める事が出来れば、3区以降のエース区間で熾烈なトップ争いが予想される。

 今回のクイーンズ駅伝2019のポイントは、1区の広中選手の走りと、3区のエース区間

日本郵政 鈴木 VS 天満屋 前田 VS パナソニック 渡辺

のエース対決が大きく勝負を左右すると思います。 エースが1枚多い、日本郵政の主導権で

クイーンズ2019のレースは進んでいく事が予想されます。

スポンサーリンク DMMFX今なら新規登録で20,000円キャシュバックキャンペーン実施中

クーインズ駅伝出場チーム 

【チーム名(出場回数)】

クイーンズ8 シード獲得8チーム

  • パナソニック(31)
  • 天満屋(28)
  • ダイハツ(29)
  • ヤマダ電機(14)
  • ワコール(27)
  • 豊田自動織機(13)
  • JP日本郵政(5)
  • デンソー(26)

昨年の1位~8位のチームがクイーンズ8と呼ばれ、次年度の出場権(シード権)を獲得

プリンセス駅伝2019通過14チーム 

  • 積水化学(21)
  • 九電工(28)
  • 三井住友海上(25)
  • 第一生命(24)
  • ルートインホテルズ(3)
  • 京セラ(29)
  • 日立(23)
  • 大塚製薬(7)
  • エディオン(26)
  • ユニバーサル(13)
  • 資生堂(28)
  • 肥後銀行(5)
  • スターツ(10)
  • ユニクロ(9)

クイーンズ駅伝2019レース結果

 レース結果わかり次第掲載致します。

おすすめ記事

箱根駅伝順位予想

全国高校駅伝順位予想

ひとり社長
ひとり社長

twitterをやっていますフォロー頂ければ更新を見逃しません。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました