駒沢大学

全日本大学駅伝

駒大駅伝箱根駅伝2021への挑戦優勝争いにいかに絡めるか?

駒大駅伝が箱根駅伝2021に向けて始動した。神戸駿介主将がチームを引っ張り、新入生には有望な選手が多数入部するさらに駒大駅伝エースとしてチームの大黒柱田澤廉が学生陸上界のエースとして成長するかにも注目が集まる。
創価大学

多摩川5大学対校長距離競技会結果 箱根駅伝2020戦力分析

10月4日、静岡県裾野市で多摩川5大学対校長距離競技会が行われました。この大会は新型コロナウイルスの影響により出雲駅伝が中止となり都内の多摩川沿いを拠点とする駒澤大、明治大、國學院大、帝京大、創価大の5校による対校戦として実施されました。箱根駅伝2021を予想するうえで大事なレース
駒沢大学

駒澤大駅伝新入生鈴木芽吹の活躍で箱根駅伝優勝へ導けるか?

駒澤大駅伝に期待の新入生の鈴木芽吹が入学してきた。佐久長聖高校時代に5000m13:56.64の記録を持ち、高校駅伝では1区7位の28分59秒で走破し、駒大初レースでは13:43.38で走りこれからの活躍にますます期待
箱根駅伝

駒澤大学田澤廉箱根駅伝2021駒大優勝へ導き東京オリンピックを狙う

箱根駅伝2021の優勝を左右する選手に駒澤大学エース田澤廉 があげられる。ルーキーイヤーの活躍を超える更なる成長で駒大の優勝の立役者として期待される。さらに東京オリンピック10000mでオリンピック代表を目標に掲げている。
駒沢大学

駒澤大駅伝新入生白鳥哲汰の活躍で箱根駅伝優勝へ導けるか?

駒澤大駅伝に期待の新入生の白鳥哲汰が入学してきた。埼玉栄高校時代に2年生ながら高校駅伝1区で区間賞を獲得した逸材だ。駒大の即戦力としての活躍が期待される。
大学駅伝

駒澤大学箱根駅伝2020優勝への道/田澤快走で悲願の優勝へ

箱根駅伝2020の駒澤大学は総合8位という結果になってしまった。次回はエース田澤廉を中心に選手層を厚くして箱根駅伝に臨む
全日本大学駅伝

全日本大学駅伝2019駒澤大学優勝できるか?

全日本大学駅伝の優勝候補筆頭は、出雲駅伝で悔しい思いをした駒澤大学だろう。4年生のトリプルエースとルーキ田澤選手など選手層の厚みと距離が伸びるほど強く隙間ない布陣で全日本大学駅伝優勝を目指す。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました