東京国際大学

出雲駅伝

東京国際大学箱根駅伝2022への挑戦、選手試合結果より戦力予想

東京国際大学の箱根駅伝2021は10位で2年連続のシード権獲得に成功した。箱根駅伝2022は有力なルーキーが大量に入学し上位進出に期待がかかる。まず初戦の出雲駅伝を優勝し、箱根駅伝総合優勝も現実味を帯びてきました。
東京国際大学

東京国際大学箱根駅伝ヴィンセントが優勝へ導く

東京国際大学の選手層が厚くなりヴィンセント選手の活躍で箱根駅伝優勝も現実的になってきました。東京国際大学ヴィンセント選手の活躍を掲載していきます。 東京国際大学箱根駅伝ヴィンセント 【第97回東京箱根間往復大学駅伝競走大会】2...
ニューイヤー駅伝

ホンダ伊藤達彦10000m優勝東京オリンピック内定

ホンダのルーキー伊藤達彦が日本選手権1万mで27:25.73の日本新記録で2位に入り、5月3日の日本選手権10000mで3位以内に入れば東京オリンピック内定を勝ち取る。
全日本大学駅伝

東京国際大学箱根駅伝2021への道・選手結果より戦力予想

東京国際大学は予選会トップ通過の勢いをそのままに、大学史上初の5位でシード権を獲得し箱根駅伝2021では、更なる飛躍で常連校の布石を築く、東京国際大学の戦力を分析し箱根駅伝2021への軌跡をブログに更新していきます。
東京国際大学

東京国際大学箱根駅伝2020への道・伊藤の快走初シード獲得

今年の東京国際大学は、学生駅伝に旋風を引き起こしてくれる予感がある。箱根駅伝予選会2020のトップ通過、初出場の全日本大学駅伝での上位入賞、箱根駅伝での初のシード権獲得が達成できるだけの戦力が整ってきた。今年の東京国際大学から目が離せない
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました