全国高校駅伝

全国高校駅伝

最新高校駅伝2021進路&箱根駅伝2022新入生情報

高校駅伝2021の有力選手の進路から箱根駅伝2022新入生毎年約600名の進学情報を掲載します。高校駅伝有力選手の進路状況は、箱根駅伝の大学勢力図に大きな影響を与えます。高校駅伝2021の有力選手は、どの大学に進学し箱根駅伝2023スターを目指すのか?
駅伝高校

洛南高校駅伝高校最高記録の強さの秘密

洛南高校が高校駅伝最高記録2時間2分7秒を記録し2020高校駅伝で記録の1ページが塗り替えられました。2008年佐久長聖高校が樹立した2時間2分18秒(日本人のみの記録)を更新しての高校駅伝最高記録。
駅伝高校

全国高校駅伝男子世羅高校優勝2.01.31

世羅高校は広島大会で2時間4分54秒と都道府県予選ランキング8位の好タイムをマークし全国高校駅伝2020の男子優勝候補に挙げられます。
駅伝高校

学法石川高校全国高校駅伝優勝へのチャレンジ

箱根駅伝で学法石川高校出身の選手が活躍するなか、強豪校として定着した学法石川高校全国高校駅伝優勝への軌跡を残していきます。
中央大学

中央大学吉居大和箱根駅伝1区区間新

中央大学吉居大和選手U20日本記録更新13:25.87をマークし日本選手権3位に!1万mでもU20歴代2位の28分03秒90をマークし箱根駅伝並み居る強豪が1区に集まる中でも区間賞候補です。
高校駅伝注目選手

佐藤圭汰駒澤大学箱根駅伝・出雲駅伝・全日本大学駅伝

洛南高校時代に、5000m・3000m・1500mで高校新記録を樹立した佐藤圭汰選手が駒澤大学で世界を目指しながら、箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲大学駅伝での優勝を目指します。
中央大学

吉居駿恭 中央大学 箱根駅伝 出雲駅伝 全日本大学駅伝での軌跡

仙台育英高校吉居駿恭選手は今季1万mで高校歴代3位の好記録をマークし、箱根駅伝総合優勝を目指し、中央大学での活躍の軌跡を掲載します。
全国高校駅伝

宮城県・高校駅伝大会・都道県対抗駅伝代表・記録結果

宮城県高校駅伝の記録・結果・宮城県都道府県対抗駅伝代表選手の記録・結果を掲載します。
全日本大学駅伝

東洋大学石田 洸介箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝の軌跡

中学記録保持者の石田 洸介(東京農大二高)が5000m高校記録 (13.39.87) 更新を目標にシーズンインしました。遂にホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で定石田 洸介 選手が5000m高校記録を遂に更新しました
全国高校駅伝

全国高校駅伝男子2021・優勝・全成績・結果・区間記録

 全国高校駅伝男子2021は広島の世羅高校が歴代2番目の好記録2時間1分21秒で2年連続11回目の優勝を果たしました。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました