東海大学

東海大学

東海大学駅伝新入生喜早駿介の活躍で箱根駅伝優勝へ導けるか?

東海大駅伝に期待の新入生の鈴木芽吹が入学してきた。仙台育英高校時代に10000m28分52秒13の記録を持ち、高校駅伝では1区6位の28分58秒で走破し仙台育英高校の全国制覇に貢献した。王座奪還を狙う東海大駅伝にとっては箱根駅伝の即戦力として期待される。
東海大学

東海大学エース塩澤稀夕箱根駅伝2021優勝へ導く

東海大学のキャプテン塩澤塩澤稀がキャプテンとしてチームを引っ張り東海大学箱根駅伝2021優勝にチャレンジする。
東海大学

東海大学箱根駅伝2021優勝への挑戦・記録結果予想

東海大学駅伝の箱根駅伝2021への挑戦を更新型記事で新しいトピックスを随時・記録・結果・予想を掲載していきます。
東海大学

坂口竜平選手室内5000メートル日本学生最高&日本歴代3位

箱根駅伝2020では故障のため出走できず悔しい思いをした東海大学の坂口竜平選手がボストン室内で室内5000メートル日本学生最高&日本歴代3位好記録で走り、東京オリンピック3000msc代表に向けて弾みをつけた
東海大学

東海大学箱根駅伝2020結果/黄金世代連覇なるず

箱根駅伝2019の優勝チーム東海大学、遂に東海大学黄金世代が最終学年を迎えましたが、復路は追い上げるも1歩届かず、2位と言う結果になりました。しかし東海大学初の復路優勝を勝ち取りました。
東海大学

東海大学小松陽平の8区快走で箱根駅伝2020優勝なるか?

箱根駅伝2020の東海大学の4年小松陽平が8区に登録された。東海大学は復路逆転優勝に欠かすことのできないキーマンが小松陽平だ。往路逆転優勝のキーマンとなりそうな小松陽平選手、自身の持つ箱根駅伝8区区間新記録にもチャレンジする。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました