MGC

MGC

松田瑞生東京オリンピックマラソン女子代表補欠まだチャンスは

東京オリンピック女子マラソン内定をかけ松田 瑞生が東京国際マラソン優勝に挑み24歳の松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分47秒で優勝した。日本陸上競技連盟が定めた設定記録(2時間22分22秒)をクリアし、五輪代表最後の1枠入りへ有力となったが、一山が名古屋ウイメンズマラソンで記録を更新し東京オリンピックは補欠となった。
MGC

小原怜大阪国際女子マラソン優勝で東京オリンピックマラソン内定か?

東京オリンピック女子マラソン内定をかけ小原怜が東京国際マラソン優勝に挑む。現在MGC3位の小原怜は代表3人目に一番近い位置にいるが、今回の大阪国際女子マラソンで他の選手が設定タイムを破る可能性があり、優勝して東京オリンピックマラソン内定を勝ち取りたい。
MGC

MGC 箱根駅伝から中村匠吾 服部勇馬 東京オリンピックへ

MGCの結果からが中村匠吾 服部勇馬東京オリンピック2位に内定 3位の大迫選手は 今後の春までの選考レースで男子は2時間5分49秒を切る選手が出ない場合は、3位の大迫傑選手が自動的にオリンピック代表に内定します。 
MGC

プロランナー大迫にとって、箱根駅伝は、必要なかったのか?

プロランナー大迫にとって、箱根駅伝は、必要なかったのか? 早稲田大学に在籍していた時から、大迫はエースでありながら「僕にとっては駅伝は必要ない」と公言していたようです。 箱根駅伝を夢見て、大学4年間に全力を注いだマラソン好きからし...
MGC

大迫傑坊主にして挑むMGCと神野大地のプロランランナーとしての最後の勝負にみるプロ魂

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 大迫傑 マラソン大会を開催予定 大迫傑がツイッターで2021年を目処に記録を追求したマラソン大会を開催...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました