中央大学箱根駅伝2023復活のCへの挑戦・選手結果より戦力予想

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
9748958
中央大学

 古豪中央大学が復活のCへと箱根駅伝2023は3位以内を目指し、箱根駅伝2024での総合優勝に向け更なる躍進が期待されます。中央大学の箱根駅伝2023への挑戦を選手・レース結果より戦力を予想していきます。総合3位はもちろんのことですが、優勝を狙う挑戦の軌跡をブログに残していきます。

中央大学箱根駅伝2023 復活のC

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2023は表彰台の3位を目指す中央大学ですが前半戦の走りからチャンスがあれば優勝を狙てっいける戦力がそろってきました。今季は3大駅伝に出場し駅伝感覚も磨かれ、箱根駅伝予選会がなく箱根駅伝に向けて調子が上がっていける環境です。藤原監督の優勝への挑戦がはじめる箱根駅伝2023になりそうです。

藤原監督
藤原監督

箱根駅伝2022で表彰台をもぎ取ったのは、やはり優勝を目指していたチームでした。優勝するには吉居クラスを5名そろえないと厳しいです。練習メニューも変えていく必要があります。勝ちたいという想いをチーム全体で共有し成し遂げる、その覚悟とそれに相応しい行動を取れるかが新チームでは問われます。 箱根駅伝2023は3年吉居らが4年になった2024年は優勝を目指します。

箱根駅伝2023最新情報はこちら👇

中央大学箱根駅伝2022結果

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2022はアンカーの途中まで3位を走る、あるべきポジションを最後の最後まで走り、6位でシード権を10年ぶりに奪取しました。これまでは、あと1歩で残念な結果が多く、悔しい思いをしてきましたが、やっと本来の力を出し、自力でシード権を獲得し箱根駅伝2023に期待が高まります。

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2022は往路・復路とも100点のレースができました。復路は6区若林と7区中澤をポイント区間にしていました。7区居田は16㎞辺りで脚がつりそうで無理をさせずにしっかりとつなぐことを優先させました。9区湯浅は非常に調子が良かったので、実力をしっかりと発揮しました。アンカーの井上も攻めの走りをしてくれました。学生に少しずつ強さが備わってきたなと思っています今年のチームは全日本大学駅伝でひとつ大きな自信を得て、この大会でも結果を出せた。ようやく強化のサイクルと結果がリンクし始めたかなと感じています。 10人の選手達は見事戦略通り走ってくれ、今大会で想定していた最高の順位を獲得してくれました。3位が見えていましたが、1年間シードを目指してきたチームですので、6位で良かったと思います。

総合成績 6位 10°55’44”
往路成績 6位 5°26’26”
1区 吉居 大和(2) 60’40″ 区間1位 区間新記録
2区 手島 駿(4)  68’52″ 区間15位
3区 三浦 拓朗(4) 62’38″ 区間7位
4区 中野 翔太(2) 62’17″ 区間5位
5区 阿部 陽樹(1) 71’58″ 区間6位

復路成績 8位 5°29’19”

6区 若林 陽大(3) 58’48″ 区間5位
7区 居田 優太(2) 65’49″ 区間18位
8区 中澤 雄大(3) 65’02″ 区間3位

9区 湯浅 仁(2)  68’31″ 区間3位
10区 井上 大輝(4) 71’09″ 区間17位

箱根駅伝2022 優勝結果区間順位コメント一覧

中央大学箱根駅伝2022の軌跡👇

箱根駅伝2023中央大学 注目選手

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2023は中央大にとって大事な1年になります。

復活のC をしっかり定着させるためにも。

箱根駅伝2023注目選手をピックアップします。

箱根駅伝2023中央大学キャプテン 若林陽大

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2023中央大学キャプテンに若林陽大選手が就任しました。

箱根駅伝2022では6区で安定の58分台で走破、区間5位で走り切りました。

若林選手を含め4年生が箱根駅伝2023を牽引していきます。

4年生が最後まで箱根駅伝メンバーにどれだけ絡んでくるかが、強いチームの証です。

復活のC の牽引は4年生なくして成り立ちません。

若林選手
若林選手

今年度のスローガンは、#時代を紡ぐ軌跡を残せ です✨✨
シード復権を経て、今年度は予選会がなく、三大駅伝に出場します。チームで目指している箱根駅伝第100回大会の優勝へ向け、新たな黄金期を築くきっかけとなる1年になるべく、このスローガンにいたしました。

古豪ではなく強豪校へ、#復活のC を皆さまにお見せできるよう頑張ってまいりますので、ぜひ応援の程よろしくお願いいたします!!

SNSなどでハッシュタグ #時代を紡ぐ軌跡を残せ #復活のC を使ってたくさん盛り上げてくれると嬉しいです

箱根駅伝2023 中央大学 吉居大和

中大ファン
中大ファン

中央大学のエース吉居大和選手の更なる進化に期待です。

吉居選手
吉居選手

今季は、5000m自己ベスト更新し、世界選手権の参加標準記録13分13秒50を目標に掲げています。

中大吉居大和特集

箱根駅伝2023 中央大学  吉居 駿恭

中大ファン
中大ファン

吉居駿恭選手は、 中央大学で兄と共に箱根駅伝総合優勝を目指します。ロードに適性がありアップダウンにも強いという事なので将来2区での走りが期待されます。

箱根駅伝2023 中央大学  中野翔太

中大ファン
中大ファン

今期の駅伝シーズンはブレイク間違いなしの中野翔太選手、入学時藤原監督が将来の2区もしくは5区候補とコメントがありましたが、今季28分0秒と現時点学生NO1の記録.中大初の27分台もあと一歩

箱根駅伝2023 中央大学新入生

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2023の新入生は、13分台3名と力のある選手が多数入学予定です。

吉居選手の弟吉居 駿恭選手 伊藤選手の弟伊東 夢翔選手と兄弟での箱根駅伝出場に期待が高まります。 溜池 一太選手も日本選手権クロスカントリーで4位に入るなど力があります。

13:55.97 溜池 一太(洛南高校) 

13:56.16 吉居 駿恭(仙台育英) 

13:56.30 伊東 夢翔(國學院久我山) 

14.03.11西優斗(宮崎日大高校)

14.08.77白川陽大(大塚高校大阪)

14:12.13 篠原 寛(中央学院高校) 

14.14.62佐藤宏亮(秋田工業高校)

14.19.09永島陽介(東京農大二高)

14.24.35吉中祐太(豊浦高校山口)

14.29.28森基(埼玉栄高校)

14:50.77折居幸成(横須賀高校)スポーツ推薦以外

中央大学箱根駅伝2023軌跡

中大ファン
中大ファン

中央大学箱根駅伝2023軌跡へ向けた主要大会の結果を掲載します。

MARCH対抗戦2022

MARCH対抗戦2022👇準エース級のさらなる成長・メンバーの座をかけての熾烈なレースが

上尾シティハーフマラソン

花田コーチ
花田コーチ

3年ぶりの上尾シティーハーフ、選考会も兼ねて5名出場しました。4年生が熱走を見せてくれて、3年前の田母神・岩佐・二井を思い出しました。4年生がこの時期に走ると士気は上がります。中澤はここから作り直して来てくれると信じています。髙沼と矢萩の好走も光りました。2年生世代も戦力化に近付いてますので更なるチーム内競争が今後楽しみです。

駅伝ファン
駅伝ファン

4年生の頑張りは、チームの雰囲気がいいのが伝わってきます。👏👏👏

4年生にはメンバー選考を勝ち取って最後の箱根駅伝で走ってもらいたい気持ちです。

11着  助川 拓海(4)   62’36”  PB

13着  田井野 悠介(4)   62’39”  PB

50着  髙沼 一颯(2)   63’35”  PB

55着  中澤 雄大(4)   63’41”

83着  矢萩 一揮(2)   64’23”   初

全日本大学駅伝2022

藤原監督
藤原監督

新チームスタート時に立てた『全日本3位以内』という目標にチーム一丸となって戦い7位でのゴールとなりました。2年続けてのシード権獲得は現状のチームとしては最低限やらねばならないミッションであった為、大変安堵しております。
出雲後、10日程の強化期を設け全日本に向けて作ってきた中、中野翔太と吉居大和の状態がなかなか上がらず、全日本は苦戦を覚悟で若手を投入し何としてもシードは死守するという戦い方に切り替えました。
エース級を3人欠く可能性があった中、望んでいた結果ではありませんが、劣勢の中でもやるべき事をやれるようになってきたチーム力に成長を感じました

夏の強化を後ろ倒しにした分、10月にやりたい事が集中しすぎてスケジュールがタイトになった為、仕上がりが少し重めになった全日本でしたが、ここでやっておいた事がこの後必ず生きてきます。学内選考となるハーフマラソンやMARCH対抗戦でしっかりと走るグループと、箱根に向けてじっくり作るグループに別れますが、昨年同様箱根に自信を持って臨めるよう作っていきます。

総合成績:7位 5時間13分03秒 シード権獲得

1区 千守 倫央(4)  27’13”  区間3位
2区 山平 怜生(2)  32’58”  区間11位
3区 吉居 駿恭(1)  34’21”  区間8位
4区 中澤 雄大(4)  34’37”  区間8位
5区 若林 陽大(4)  36’36”  区間6位
6区 吉居 大和(3)  37’01”  区間1位   *区間新記録
7区 湯浅 仁(3)      51’39”  区間10位
8区 阿部 陽樹(2)  58’38”  区間8位

選手名10000m5000m
中野翔太③28分00秒8613分39秒94
吉居大和③28分03秒9013分25秒87
吉居駿恭①28分11秒9613分40秒26
千守倫央④28分15秒4013分49秒41
阿部陽樹②28分37秒3513分55秒57
若林陽大④28分42秒0213分59秒08
湯浅 仁③28分47秒8113分58秒32
伊東大翔③28分59秒5914分01秒78
中澤雄大④29分00秒4014分06秒78
山平怜生②29分03秒2713分51秒20
白川陽大①29分04秒0214分08秒77
山口大輔②29分10秒5314分11秒64
東海林宏一②29分15秒4114分01秒97
伊東夢翔①29分15秒6213分56秒30
溜池一太①29分21秒6213分46秒16
佐野拓実②29分38秒2414分13秒04

👇展望・結果

出雲大学駅伝2022

藤原監督
藤原監督

出雲駅伝の結果は半分は安堵しています。ただ優勝を目指したいというのが正直ありましたので、近づけなかったという部分は悔しさ半分です。全日本大学は昨年経験しており、戦力的にも十分戦えると思ってますので、ぜひ勝ちというところにこだわってチームの編成を行っていきたいですし優勝というところをそろそろ見据えて箱根駅伝2024優勝への軌跡としてチャレンジしていきます。

総合成績:3位 2時間9分48秒

1区 吉居 大和(3)   22’32″ 区間1位
2区 千守 倫央(4)   15’41″ 区間3位 区間新記録
3区 中野 翔太(3)   24’12″ 区間7位
4区 阿部 陽樹(2)   18’16″ 区間3位
5区 溜池 一太(1)   19’14″ 区間2位
6区 吉居 駿恭(1)   29’53″ 区間4位

中大ファン
中大ファン

遂に古豪復活の狼煙があがった瞬間でした。

万年3位と言われていた時代があったそうです。

時が流れ、3位 時代が動き出した瞬間。

藤原監督の努力、箱根駅伝での悔しい11位のシード落ち。

そんな苦い経験があって今の力強いチームがあります。

この結果に満足するチームでない中大

全日本大学駅伝へのリベンジが明日からスタートします。

駅伝力が少しずつ蓄積し、箱根駅伝へ向けて。

中大ファン
中大ファン

〈アスレチックチャレンジ2022〉 グランプリ男子5000m に出雲大学駅伝エントリーメンバーが出場中野 翔太(3) 13’39″94 吉居 駿恭(1) 13’40″26 溜池 一太(1) 13’46″16 吉居 大和(3) 14’19″19という結果で、試合前の調整の一環で出場し、出雲駅伝初優勝に向けて順調な仕上がりのようです。特にルーキーの2名が40秒台と調子をあげています。

千守 倫央チモリ トモヒロ4松山商業(愛媛県)28.15.4013.49.41
◎ 若林 陽大ワカバヤシ ハルト4倉敷(岡山県)28.42.0213.59.08
中野 翔太ナカノ ショウタ3世羅(広島県)28.00.8613.39.94
湯浅 仁ユアサ ジン3宮崎日大(宮崎県)28.47.8113.58.32
吉居 大和ヨシイ ヤマト3仙台育英(宮城県)28.03.9013.25.87
阿部 陽樹アベ ハルキ2西京(山口県)28.37.3513.55.57
東海林 宏一ショウジ コウイチ2山形南(山形県)29.24.1914.01.97
山平 怜生ヤマヒラ レイ2仙台育英(宮城県)29.21.2213.51.20
溜池 一太タメイケ イッタ1洛南(京都府)29.21.6213.46.16
吉居 駿恭ヨシイ シュンスケ1仙台育英(宮城県)28.11.9613.40.26

出雲駅伝結果はこちら👇

全日本インカレ陸上2022

中大ファン
中大ファン

三大駅伝にむけ全力が充実してきています。正直夏の合宿期間後半でスピードを追求すのは難しいなか、1500mで千守選手が2位、5000mではルーキー吉居選手が4位と、箱根駅伝で上位を狙う大学にふさわしい結果で、駅伝シーズンが楽しみになってきました。

全日本インカレ結果👇

ホクレンDC

中大ファン<br>
中大ファン

ホクレンDC網走大会1万mで中野選手が今季学生ランキング1位の28分0秒の快走を、吉居駿恭選手も28分26秒阿部選手も28分50秒と底上げがすすみ、箱根駅伝3位の目標にふさわしいチームとなってきました。

中野翔(3) 28’00”

吉居駿(1) 28’26″4

阿部(2) 28’50

関東インカレ陸上2022

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝2023は、3位以内を目指すチームにふさわしい関東インカレの結果でした。

全種目入賞者に加え、上位で勝負できています。結果は👇

藤原監督
藤原監督

(藤原監督コメント)
3年ぶりの有観客開催となった関東インカレに、長距離から14名の選手が出場しました。
今大会では、長距離として20点以上の対校得点獲得と長距離種目全種目入賞を目標に掲げました。結果としては、21点獲得と全種目入賞を達成する事が出来ました。
1500mには千守・山田・中野倫の3名が出場しました。長らく苦しんでいた千守が意地をみせ8位に入り、新たな黄台選手となりました。
10000mには若林・湯浅・阿部の3名が出場しました。他大学のハイレベルな選手が多い中、各々が力を発揮出来たレース内容でした。特に高校時代の実績では周りの選手の足元にも及ばなかった湯浅がレースを動かすまでに成長していることは、日々の積み重ねが如何に大事であるかを証明してくれた点であったと思います。阿部が粘って8位に入り、若林も主将らしく意地をみせてくれました。
ハーフマラソンには助川・園木・山平の3名が出場しました。攻めのレースで殊勲の3位表彰台と山平が頑張りました。ハーフマラソンでの安定感は抜群ですので、全体的な筋力アップを達成し、次はトラックでも力を証明したいところです。助川・園木は悪コンディションに備えて少し重めで作ってきましたが、その点が裏目に出てしまいました。中盤の落ち込みが課題にはなりましたが、改善点は明確ですのでもう一度立て直しです。
3000mSCには大澤・浦田が出場し、W入賞を達成しております。近年はなかなかこの種目に割り振れるチーム的余裕が無かった中、花田コーチの指導で上手く2人が入賞を果たし黄台獲得です。今年伸びてきているこの2人には注目です。
5000mには中野翔・伊東夢・溜池が出場しました。中野翔がしっかりと仕事をしてくれ3位表彰台を獲得。練習を継続できており、今季どこまで伸びるか楽しみです。溜池は1年生ながら決勝に進出し、2本しっかりと揃えてきました。まだまだ大学生活に慣れていない中、ここまで安定してよく走れています。意識の高い選手なので悔しさがあるでしょうが、溜池自身にはその過程をしっかりと評価してほしいです。
6月は合宿を行いつつ、インカレ組は7月レースに向けて力を付ける月になります。インカレ組以外は合宿を挟み男鹿駅伝と函館ハーフマラソンになります。暑くなってきますが、インカレでの勢いを次のレースへ繋げて参ります。

2022日本学生陸上競技個人選手権大会

中大ファン
中大ファン

箱根駅伝2023の中央大学のキーマンの中野選手がラスト600mから逃げましたが、ラスト300mでつかまり3位に後退しましたが、粘りの走りで🥈でゴール

2位中野 翔太 (3)広 島中央大13:48.36
中大ファン
中大ファン

注目ルーキ吉居選手が8位入賞と力のあるところみせました。

8位吉居 駿恭(1)宮 城中央大28:56.95

2022日本学生陸上競技個人選手権大会結果👇

日本学生ハーフマラソン 2022

中大ファン
中大ファン

日本学生ハーフマラソン 2022エントリー・結果を掲載します。

山本コーチのコメントのように、今までになくチームの目的意識がひとつになり

監督・コーチが今到達して欲しい結果に結びついているようです。


13着 阿部 陽樹(1) 62’54”  PB25着 山平 怜生(1) 63’18”  PB30着 助川 拓海(3) 63’26”  PB60着 田井野 悠介(3) 64’10″89着 大澤 健人(2) 64’36”  初 95着 園木 大斗(2) 64’40″109着 伊東 大翔(2) 64’54”  初188着 羽藤 隆成(2) 65’47”  初224着 濵田 宙尚(2) 66’12”  初242着 千守 倫央(3) 66’27″260着 髙沼 一颯(1) 66’45”  初399着 川田 涼(1) 69’14”  初

山本コーチ
山本コーチ

冬期強化の成果の達成度を確認するため、12人の選手が出場しました。
課題は個々にあるのは当然です。しかし、殆どの者が、アップダウンの連続する厳しい後半で順位を上げたり、自分のいる集団の中で競り勝ったり、チームとして強さが備わって来ている事を感じる内容でした。その中でも、阿部と山平は、1年生ながら前方でレースを進める積極性も見せ、自信に繋がるレースになったと思います。
ここからの春のシーズンは、それぞれのターゲットとなるレースの距離やタイミングが違います。その中で、それぞれが成長を続け、狙ったレースで狙った結果を出していく事が、秋からのチームの駅伝での躍進に繋がる事を忘れずに、戦っていきます。

阿部 選手
阿部 選手

ハーフマラソンは合宿を経てしっかりと長い距離でも戦えるように仕上げてきたレースでしたが中盤で先頭から離れてしまい苦しい時間が長いレースとなってしまいました。しかしラストは集団の中で勝ち切ることができ良いイメージも持つことができたので春のトラックシーズンに繋げていきたいと思います。

日本学生ハーフマラソン 2022エントリー結果はこちら👇

スタンフォード招待

大会名:Stanford Invitational
期日:4月1日(金) ※現地時間
場所: スタンフォード(カリフォルニア州)【5000m】8着 吉居 大和(3) 13’35″87

箱根駅伝2023最新情報はこちら

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました