駒澤大学花尾恭輔 箱根駅伝での活躍

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
9765911
箱根駅伝注目選手

箱根駅伝2022優勝候補の中軸の花尾恭輔の走りが駒澤大学の連覇の鍵をにぎります。

箱根駅伝2022 駒澤大学 花尾恭輔 

駒大ファン
駒大ファン

今季は5000m・1万mで自己ベストを更新し、関東インカレハーフマラソンで🥈

全日本大学駅伝ではアンカー勝負を見事制して優勝の立役者です。箱根駅伝2022駒澤大学の連覇は花尾恭輔選手の走りにかっかています。

駒大花尾選手
駒大花尾選手

箱根2021はチームに助けられての総合優勝だったので。今回は自分の走りで優勝に貢献する走りをどこを任されても走れるようにしたいです。

箱根駅伝2021 駒澤大学 花尾恭輔 

箱根駅伝2021は7区区間4位1時間3分55秒とルーキーながら優勝に貢献する走りでした。

駒澤大学 花尾恭輔  プロフィール

駒大ファン
駒大ファン

長崎県桜が原中陸上部は、同期に男子3000m中学記録保持者となる林田洋翔(瓊浦高→三菱重工)がともに汗を流し、1学年上に東京五輪女子10000m7位で5000mの日本記録保持者となる廣中璃梨佳(長崎商高→日本郵政グループ)が在籍し、中学時代に花尾恭輔選手の土台が築かれました。

出身高校 長崎鎮西学院高校

5000mベスト 13分51秒89

1万mベスト 28分29秒82

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました