東京国際大学箱根駅伝2022への挑戦、選手試合結果より戦力予想

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
4827253
出雲駅伝

東京国際大学の箱根駅伝2021は10位で2年連続のシード権獲得に成功した。箱根駅伝2022は有力なルーキーが大量に入学し上位進出に期待がかかる。まず初戦の出雲駅伝を優勝し、箱根駅伝総合優勝も現実味を帯びてきました。

箱根駅伝2022

駅伝<br>ファン
駅伝
ファン

東京国際大学が箱根駅伝2021で総合10位に入りシード権を獲得しました。

2区ビンセント選手がMVP獲得など要所の区間で攻める事ができ、復路の4年生の頑張りもあり2年連続のシード権を獲得した。

大志田監督
大志田監督

4年生にシード権を取って後輩に形を残そうと言ってきた部分が7区佐伯の区間賞など体現できて良かったと思います。

東京国際大学箱根駅伝2021結果より箱根駅伝2022戦力予想

往路を走った丹所・ビンセント・宗像

が今季の柱となりそうです。特にビンセント選手は

現段階で学生トップの走力です。ビンセントを活かして

上位で攻めれるのが東京国際大の強みです。

総合成績10位11:05:49 往路成績6位05:32:06 復路12位05:33:43

1区14位丹所健01:03:45

2区🥇ビンセント◎01:05:49

3区9位内田光01:04:06

4区13位宗像聖01:04:30

5区10位荒井雄哉01:13:56

6区19位芳賀宏太郎01:01:09

7区🥇佐伯涼01:03:10

8区14位熊谷真澄01:06:28

9区14位加藤純平01:11:27

10区12位杉崎翼01:11:29

東京国際大学箱根駅伝2022戦力予想

東京国際大学は新入生の加入で選手層が厚くなり箱根駅伝3位以内も狙える戦力が整いっつあります。

名前学年高校箱根駅伝全日本1万mハーフ走力箱根新入生総合
丹所 健2湘南工大付1区14位2区8位28’39”631 : 05 00713
ジョン ルカ ムセンビ2仙台育英8区2位28’20”0977
芳賀 宏太郎3学法石川6区19位29 : 07 .821 : 06 :41325
三浦 瞭太郎3東農大二29 : 38 .23
善田 修平2滋賀学園29 : 29 .8511
宗像聖2学法石川   4区13位4区9位29 : 13 .941 : 06 :122913
Yegon Vincent :2ケニア/チェビルベレク2区🥇27 : 38 .481.02 :23102030
川畑 昇大1須磨学園29 : 58 .43
村松 敬哲1浜松商業14 : 01.00
林優策   1滋賀学園29 : 57 .26
佐藤 榛紀四日市工・三重13.50.315
白井勇佑仙台育英・宮城13.58.005
倉掛響小林14.02.804
冨永昌輝小林14.05.074
古旗 朝輝佐久長聖・長野14.13.813
牛 誠偉浜松商・静岡14 13.893
山岸柊斗仙台育英・宮城14.18.273
岡 剛史学法石川・福島14 20.972
西垣 收悟自由が丘14 21.952
益田 郁也千原台・熊本14.22.312
内山 喜宝東農大二,群馬14 24.762
住吉 颯市船橋・千葉1428.662
大林冰己須磨学園 14 26.002
山本泰輝日体大柏・千葉14.28.342
楠木 悠人小林・宮崎14.29.782
293843110

東京国際大学箱根駅伝2022新入生戦力予想

国学院大学初の高校生13分台ランナー山本歩夢選手が入学し

新入生に力のある選手が多数入学し箱根駅伝強豪校として土台ができつつあります。

佐藤 榛紀(四日市工・三重) 5000m 13.50.31

白井勇佑(仙台育英・宮城) 5000m 13.58.00

倉掛響(小林· ) 5000m 14.02.80

冨永昌輝 (小林・宮崎) 5000m 14.05.07

古旗 朝輝(佐久長聖・長野)5000m 14.13.81

牛 誠偉(浜松商・静岡) 5000m 14 13.89

山岸柊斗(仙台育英・宮城)5000m 14.18.27

岡 剛史(学法石川・福島)5000m 14 20.97

西垣 收悟(自由が丘) 5000m 14 21.95

益田 郁也(千原台・熊本) 5000m 14.22.31

内山 喜宝(東農大二,群馬)5000m 14 24.76

大林冰己(須磨学園兵庫)5000 m 14 26.00

山本泰輝(日体大柏・千葉) 5000m 14.28.34

楠木 悠人 (小林・宮崎) 5000m 14.29.78

宮武 和矢 (北海道栄・北海道) 5000 m 14.30.58

小松 兼悟(秋田工・秋田) 5000m14.36.87

井上昌希 (須磨学園・兵庫) 5000m 14:45.92

岩尾雅偉(市船橋・千葉) 5000m 14,47.25

住吉 颯(市船橋・千葉) 5000m1428.66

佐藤 祐輔 (学法石川・福島) 5000m 14.50.25

水野遥大(健大高崎・群馬)5000m 14.54.14

東京国際大学箱根駅伝2022注目選手

東京国際大の注目選手はヴィンセント選手、13分15秒の学生歴代1位の記録をマークし更に力をつけています。日本人エースの丹所選手も1万mで28分18秒で走るなど、今季成長著しいです

東京国際大学ヴィンセント

2年連続箱根駅伝区間賞と今季の3大駅伝の活躍に期待です

全日本大学駅伝2021

東国ファン
東国ファン

出雲駅伝優勝の東京国際大学が全日大学駅伝2冠目を目指してエントリーメンバーが発表されん。

氏   名  学年 5000m1万m箱根出雲
三浦瞭太郎414.16.2829.38.23
芳賀宏太郎414.12.7829.07.82 6区19位
野沢巧理414.14.9429.26.26
イェゴン ヴィンセント313.15.1527.30.242区🥇6区🥇
丹所 健313.46.1728.19.17 1区14位3区2位
堀畑 佳吾314.02.1429.35.93
宗像 聖313’57”2229.13.94 4区13位5区🥉
山谷 昌也313’49”4728.29.361区🥉
ルカ・ムセンビ313.45.1528.20.09
奥村辰徳314.19.4329.24.83
麓逸希214.10.29
生田 琉海214.19.8029.59.17
林優策214.04.49
冨永 昌輝114’03”54
佐藤 榛紀113.50.312区4位
白井 勇佑113.58.004区5位

出雲駅伝2021東京国際大学初優勝

出雲駅伝2021は初出場東京国際大が初優勝の素晴らしい駅伝でした。

1区の山谷昌也が3位の好位置でスタート2区のルーキー・佐藤榛紀が順位を守り、3区の丹所健(3年)で先頭にたち4区の白井勇佑(1年)は区間5位、5区の宗像聖(3年)は区間3位とそろって快走し28秒の「リード」でアンカーのヴィンセントに襷を繋ぐと現時点学生最強ランナーの圧巻の区間賞の走りで他校を大きく引き離し優勝を勝ち取りました。

大志田監督
大志田監督

1区の山谷で流れを作れたのが良かったと思います。

少しでもヴィンセントに負担をかけないようにというのが我々の目標でした。

区間賞を取るとか、トップでいかなきゃいけないというよりは、上位のチームとどれだけの差でいけるか、そのためになるべく前が見える位置で駅伝を進めていこうと話していました。

優勝出来るならアンカー逆転で勝つだろうと思っていました。天候にも助けられ各校チーム、暑さ対策を考えながらのペース配分でしたので、我々にとっては都合がよかったと思っています。残り2つの駅伝でも優勝を目指せるチーム作りができていると思います。

ひとり社長
ひとり社長

出雲駅伝2021 初出場初の東京国際大が初優勝を果たしました。

東京国際大学・大志田監督初出場・初優勝本当におめでとうございます。

大志田監督の手腕と人間味を感じるれる素晴らしい優勝でした心から感激しました。

これで残りの全日本大学駅伝・箱根駅伝優勝が現実味を帯びてきました。

■東京国際大優勝メンバー
1区 山谷昌也(3年)区間3位/23分46秒
2区 佐藤榛紀(1年)区間4位/16分23秒
3区 丹所 健(3年)区間2位/24分12秒
4区 白井勇佑(1年)区間5位/18分59秒
5区 宗像 聖(3年)区間3位/19分29秒
6区 Y.ヴィンセント(3年)区間1位/29分21秒

出雲駅伝予想

出雲駅伝初出場ながら、優勝候補です。

大エースヴィンセント選手にどういった形で繋げれるかが勝負の鍵ですが

日本人エース丹所選手は全日本インカレ5000m3位と絶好調です。他の選手も

急激に銚子が上がってきており大注目です。

東京国際大<br>ファン
東京国際大
ファン

日本体育大学記録会で5000m14分切りが3名と出雲駅伝に向けて調子が上がってきてます。

出雲駅伝2021 東京国際大学エントリーメンバー

氏   名  学年 5000m1万mメイン競技会
イェゴン ヴィンセント313.15.1527.30.24関カレ2部5000m1万m🥇
丹所 健313.46.1728.19.17全カレ5000m🥉
堀畑 佳吾314.02.1429.35.93
宗像 聖313’57”2229.13.94
山谷 昌也313’49”4728.29.36
村松 敬哲213’54”7929.37.29
生田 琉海214.19.8029.59.17
冨永 昌輝114’03”54
佐藤 榛紀113.50.31
白井 勇佑113.58.00

箱根駅伝2022予想・試合結果

ひとり社長
ひとり社長

東京国際大学の箱根駅伝2022までの試合結果で箱根駅伝2022までの

軌跡です。

全日本インカレ2021

東国ファン
東国ファン

日本人エース丹所選手が中盤から先頭を引っ張り3位入賞しました。

日体大記録会

19日行われた日体大記録会5000m

山谷昌也13分49秒

松村敬哲13分52秒

宗像聖13分57秒

3選手が13分台を記録

14分10秒切りが8名と力をつけてきています

全日本大学駅伝2021関東予選

最終4組で鮮やかな逆転でトップ通過となりました。

東京国際大学<br>ファン
東京国際大学
ファン

全日本大学駅伝予選会の戦力予想です。

東京国際大学<br>ファン
東京国際大学
ファン

東京国際大全日本大学駅伝

エントリー選手です。

東京国際大学<br>ファン
東京国際大学
ファン

東京国際大学はエース力が特出しています。

ビンセント選手は4組トップ候補で大きくタイムを稼いでくれそうです。

日本人エースの丹所選手も関東インカレで自己ベスト更新と波に乗っています。

山谷・宗像が準エースとしてどんな働きをするかに注目です。

名前学年1万mベスト関カレ5000m関カレ1万m
芳賀宏太郎429.07.82
野澤巧理429.52.54
丹所 健328.35.6028:35.60
10位
堀畑 佳吾329.35.93
山谷 昌也328.29.36
宗像 聖329.13.94
ルカムセンビ328.20.09
ヴィンセント327.30.2413:42.54
1位
27:30.24
1位
生田 琉海229.59.17
川端 拳史2
村松 敬哲229.37.29
冨永昌輝1
白井 勇佑129.25.8014:37.94 27位
合計3.51.45.55 4位20点30点

関東インカレ2021陸上

東京国際大学箱根駅伝2020軌跡

東京国際大学箱根駅伝2021軌跡

おうしださんが

東京国際大学で箱根駅伝優勝を

応援します

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました