箱根駅伝2022予選会突破する10校結果予想

Page Views(since2020/02/25)累計訪問頂きありがとうございます!
4290393
箱根駅伝予選会

箱根駅伝2022予選会がら23日(土)に日程変更され、陸上自衛隊立川駐屯地内周回コースで無観客開催されます。箱根駅伝2022出場ができる大学は10校と狭き門です。箱根駅伝2022予選会突破する大学10校をデーターを基に 箱根駅伝2022予選会 結果を予想します。

ひとり社長
ひとり社長

箱根駅伝予選会を少しでも興味深く見て頂く参考にして頂けたらと思い、随時更新していきたいと思います。箱根駅伝予選会当日が最新情報です。

当ブログは読者の方が知りたい情報を伝える努力をしております。サイドバーから好きな情報にいけるブログ設計をこころがけていますぜひご利用ください

箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝2022予選会がら23日(土)に日程変更され、陸上自衛隊立川駐屯地内周回コースで無観客開催されます。箱根駅伝2022出場ができる大学は10校と狭き門です。

箱根駅伝2022予選会 選考基準

 箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝2022参加条件にわずかな変更があり、昨年は「10名以上が10000m34分以内もしくは5000m16分30秒以内」とありましたが、今年は「各校エントリー者全員が10000m34分以内のトラックでの公認記録を有していること」となり少し参加条件が厳しくなりました。

ひとり社長
ひとり社長

箱根駅伝2022出場校の選考方法は昨年と同じです。ハーフマラソンのレースに各校12名が出走し、チーム上位10人の合計タイムで選抜されます。通過枠も変わらず「10」で今回も激しい箱根駅伝予選会が想像されます。昨年は専大が7年ぶりに予選会突破を果たしましたが、11位の筑波大学との差はわずか18秒でした。

箱根駅伝2022予選会突破予想

ひとり社長
ひとり社長

箱根駅伝2022予選会突破10校を大胆に予想していきます。私も箱根駅伝を走ったひとりとして

あくまでも予想で、予選会前の一つの参考にして頂ければと思います。やはり自分の母校を応援したい気持ちは強いですが、私的要素や希望的要素は含まず、あくまでもデータを基にした予想としてます。

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

直近のレースではやはり全日本大学駅伝の結果が大きな指標となりそうです。

全日本大学駅伝予選会1位を20点(明治大シード1位相当)×2倍としてポイント

箱根駅伝順位11位を10点としてポイントの合計です。

箱根駅伝2022予選会予想

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

箱根駅伝予選会は、当時の気温が予選会に大きく影響します。

昨年は、雨で高速化レースとなりました。一昨年は、高温で持久戦となりました。

選手も、暑さに強い持久力タイプの選手、低温での高速レースに強い選手とタイプが

あり、当日の気温も箱根駅伝予選会を予想するうえで重要なポイントです。

順位大学全日本予選箱根駅伝合計
明治大学401050
中央大学32941
3法政大学36440
3拓殖大学34640
5日本体育大学287355位までは予選突破濃厚
6中央学院大学3030 箱根駅伝2021予選会12位
7神奈川大学20828
8国士舘大学24327
9駿河台大学2626 箱根駅伝2021予選会15位
10山梨学院大学22224箱根駅伝予選会突破ライン
11城西大学16521
12大東文化大学1818 箱根駅伝2021予選会16位
13日本大学1212 箱根駅伝2021予選会18位
14立教大学1010 箱根駅伝2021予選会28位
15上武大学88 箱根駅伝2021予選会14位
16専修大学617
17亜細亜大学44 箱根駅伝2021予選会20位
18慶応義塾大学22 箱根駅伝2021予選会19位
19筑波大学箱根駅伝2021予選会11位
20麗澤大学 箱根駅伝2021予選会13位
21東京農業大学箱根駅伝2021予選会17位

明治大学 全日本大学駅伝シード校 1位

1 東京国際大学 3:56:39.39
2 國學院大學 3:56:47.04
3 法政大学 3:57:14.64 2位
4 拓殖大学 3:57:17.26 3位
5 中央大学 3:57:17.61 4位
6 中央学院大学 3:57:23.16 5位
7 日本体育大学 3:57:47.90 6位

8 駿河台大学 3:58:16.34 7位
9 国士舘大学 3:58:51.31 8位
10 山梨学院大学 3:59:07.98 9位
11 神奈川大学 3:59:27.26 10位
12 大東文化大学 3:59:37.16 11位
13 城西大学 4:00:14.46  12位
14 創価大学 4:00:19.55

15 日本大学 4:00:43.03 13位
16 立教大学 4:02:05.97 14位
17 上武大学 4:03:33.62 15位
18 専修大学 4:04:02.59 16位
19 亜細亜大学 4:04:11.13 17位
20 慶應義塾大学 4:04:15.70 18位

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

 箱根駅伝2021順位です。4年生が卒業など戦力を一概に測れない部分もありますが大学の駅伝力・長い距離への対応力などを図る指標になります。そのままスライドすれば20位までが箱根駅伝予選会突破となりますが、近年3校程度が入替りが繰り返されています。入替の3校程度の枠を10校程度で争う激しい箱根駅伝2022予選会が予想されます。10校程度は力的に大きな差はなく、箱根駅伝予選会2022当日への大学毎のコンデションニングと戦略が予選会突破の鍵になります

箱根駅伝2021結果

11位明治大学11:06:15

12位中央大学11:07:56

13位神奈川大学11:08:55

14位日本体育大学11:10:24

15位拓殖大学11:10:47

16位城西大学11:11:20

17位法政大学11:13:30

18位国士舘大学11:14:07

19位山梨学院大学11:17:36

20位専修大学11:28:26

昨年の箱根駅伝2021予選会予想

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

昨年は予想大学10校中、8校が予選会を突破しました。

トップ通過を狙える中央学院大がまさかの予選会敗退の波乱もありました。

上位6校程度は力の差は特出していますが、残りの枠を10校程度で争う予選会が予想されます。

箱根駅伝2022予選会出場大学

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝予選会出場大学を詳しく分析していきます。

明治大学箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝11位 明治大学11:06:15

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝2021は3位以内もある戦力でしたが、歯車が噛み合わずまさかの予選落ちとなりましたが、予選会大学の中では戦力は特出しています。4年生の鈴木は1万mで28分9秒5000mで13分31秒手嶋も5000m13分31秒と、4年生がさらに力をつけて予選会トップ通過候補

注目選手

手嶋 杏丞 鈴木 聖人 加藤 大誠 児玉真輝

特に  児玉真輝 選手には注目です。

中央大学 箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝12位 中央大学11:07:56

駅伝ファン
駅伝ファン

近年あと1歩のところでシード権を逃し、悔しい思いをしてきましたが、今季は9年ぶりの全日本大学駅伝出場を決め、復活の兆しが見えてきています。今回力的にはトップ通過も可能な戦力です、層の厚さが強みで全日本大学駅伝を見据えたエントリーも考えられます。エース吉居選手が長い距離にどう対応して走るかに注目です。

注目選手 三浦 拓朗園木 大斗吉居 大和中野 翔太

特に 中野 園木選手は大ブレークの予感です。

神奈川大学 箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝13位神奈川大学11:08:55

箱根駅伝ファン
箱根駅伝ファン

箱根駅伝2022予選会をまず突破し、箱根駅伝での活躍が期待されます。

全日本大学駅伝では予選会組では10位と当落線上となっていますが、箱根駅伝予選会への調整力を考えれば、通常通りの力が発揮できれば予選会突破は行けそうです。

注目選手巻田理空選手が今季ブレークの予感です。2年生のなかでも1年生ながら箱根駅伝10区区間2位の佐々木亮輔選手にも注目です。4年生も力のある選手が多く28分台の記録をもつ西方大珠 が今季は調子がいいです。

日本体育大学 箱根駅伝2022予選会

14位日本体育大学11:10:24

拓殖大学 箱根駅伝2022予選会

15位拓殖大学11:10:47

城西大学 箱根駅伝2022予選会

16位城西大学11:11:20

法政大学 箱根駅伝2022予選会

17位法政大学11:13:30

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

全日本大学駅伝関東予選会3位で、箱根駅伝予選会組ではトップ通過を果たした法政大学普段通りの走りをすれば通過は濃厚です。箱根駅伝1区区間賞を獲得した 鎌田航生選手がチームのエースです。日本学生ハーフママラソンで1時間03分00秒見事優勝を果たしました。強風吹き荒れる中、速さと強さを証明するレースでした。箱根駅伝1区区間賞の勢いは止まりません。  全日本大学駅伝関東予選3位通過の原動力になった中間層が確実に力をつけてきています。 川上有生 河田太一平の3年生には注目です。ルーキ 小泉樹 は全日本大学駅伝関東予選2組で快走し駅伝メンバーに絡んできそうです。

国士舘大学 箱根駅伝2022予選会

18位国士舘大学11:14:07

山梨学院大学 箱根駅伝2022予選会

19位山梨学院大学11:17:36

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

留学生のポールオニエゴ選手がどれだけ貯金を作り、日本人エースの松倉選手・本山選手が他校のエース級と勝負できれば予選会突破は行けそうです。中間層の伸び次第では上位争いも可能です。

専修大学 箱根駅伝2022予選会

20位専修大学11:28:26

日本大学 箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

前回は予選会18位と本来の力を発揮できず予選会突破とはなりませんでした。

今季は小川監督が就任し新たな日大のスタートとなります。中間層の伸びがあれば

充分予選会突破は可能です。

注目選手 3年生Wエースの樋口翔太。松岡竜也選手は春先に28分前半で走り、他校エース

との勝負ができます。

上武大学箱根駅伝2022予選会

立教大学箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

立教大学が確実に力をつけてきています。服部凱杏(2年)選手は日本選手権1500mで3分43秒39の9位、6月の全日本大学駅伝予選会で3組を引っ張る走りを見せ、1万mで29分22秒88の自己ベストを出した。1500mでは3分43秒02を出し、5000mも自己ベストを更新するなど箱根駅伝予選会でもチームのエースとして期待が高まります。関東インカレ(2部)1500mではミラー千本真章(3年)が優勝し、齋藤俊輔(4年)も7位入賞を果たしました。齊藤選手は5000m13分51秒の立教大記録も更新しています。距離の移行がスムーズにいけば箱根駅伝初出場も見えてきます。

駿河台大学 箱根駅伝2022予選会

留学生ブヌガ選手が全日本インカレ1万mで27分58秒で優勝し、箱根駅伝予選会でも上位でチームに貢献してくれそうです。あとは日本人エース町田選手28分台の力をもつ清野選手・中学教員から編入し箱根駅伝を目指す今井隆生選手と、底上げもできています。

気がかりなのは、直近の記録会で目標設定より30秒程度悪く、これからどれだけ調子を上げれるかに箱根駅伝予選会突破がかかります。

麗澤大学 箱根駅伝2022予選会

筑波大学 箱根駅伝2022予選会

箱根駅伝2021予選会結果

箱根駅伝2021予選会結果です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました