青山学院大学吉田圭太の走りで箱根駅伝2021連覇へ

Page Views(since2020/02/25)10月51万PV 訪問頂きありがとうございます!
1972739
箱根駅伝

青学駅伝は箱根駅伝2021の連覇に向けて始動した。エースである吉田圭太も最終学年である今年にかける。 全日本大学駅伝では本来の力を出し切れなっかたが、箱根駅伝2021はリベンジでエースの走りで青学連覇に貢献したい。

青学吉田圭太箱根駅伝2021連覇に向けて

青学駅伝は箱根駅伝2021の連覇に向けて始動した。エースである吉田圭太も最終学年である今年にかける。

吉田圭太
吉田圭太

自分は、役職がないので、走りでチームを引っ張ていきます。

青学箱根駅伝2020新体制はこちらです。

青学吉田圭太全日本大学駅伝2021アンカー区間11位

駅伝ファン
駅伝ファン

青学吉田圭太選手が全日本大学駅伝2020アンカーでトツプでタスキを受けスタートを切りました。 約40秒の差を9キロ付近で駒澤田澤・東海名取に並ばれしばらく並走したが、調子があがらないまま最終的には4位でゴールとなってしまった。区間順位11位59分49秒

吉田選手
吉田選手

たくさんのご声援ありがとうございました。 自分自身の力が足りず、 優勝することができませんでした。 あと2ヶ月で必ず巻き返します。 4年生とは笑って終われるように、後輩には良い思いをしてもらえるように。 本当にありがとうございました。 Twitterより

吉田圭太駅伝・レース結果

最終学年で箱根駅伝連覇に向けて青学駅伝部を引っ張る吉田圭太選手の駅伝・レース結果を掲載していきます。

5000m青学新記録13分37秒34

駅伝ファン
駅伝ファン

国士舘記録会で13分37秒34をマークし、橋詰大慧が作った青学大記録13分37秒75を塗り替えました。

全日本インカレ5000m8位

吉田圭太(青山学院大4年)選手は13分50秒66の8位入賞でした。

吉田選手
吉田選手

新型コロナウイルスの影響で思うように練習ができない日々が続きましたが、今シーズンはけがもなく継続的に練習ができ夏合宿を通じて練習量を増やしてきて全カレに臨みました。その疲労から今大会はコンディション的に7~8割程度でレースに対して不安はありましたが、苦しい状態でどれだけ勝負できるかと考えて試合に臨みました。最低限の結果かなと思っています。大崩れすることなく最後まで粘れたのは、自力がついているのかなと思います。

吉田圭太 ホクレンディスタンスチャレンジで 13:37.96自己ベスト

青学エース吉田圭太選手が

コロナ禍後初の記録会で自己ベスト

13分37秒96を更新しました。

目測のラップですが

1000m2分42秒

2000m5分26秒

3000m8分7秒

4000m10分53秒

5000m13分37秒96

で3000mまで余力を残し日本人先頭集団につけ、後半もねばり

自己ベスト更新となりました。

青学部内5000mタイムトライアル13分56秒3でトップ

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

青学駅伝部は相模原市のキャンパス内競技場で5000メートル学内記録会を6月13日に開催しました。

トップは13分56秒3で吉田圭太選手(4年)、2位には13分56秒6で2位の神林勇太主将(4年)が入りました。

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

青学部内トライアルレース展開はスタート直後から主将の神林が先頭に立ち、積極的にチームを引っ張りました。

2000メートル過ぎには、5年目のシーズンにかける竹石尚人(4年)がトップに立ち、ゴール直前でエースの吉田が神林を逆転し、トップでゴールしました。

吉田圭太選手はコロナ禍でどうシーズンにむかうのか

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

コロナ禍の状況でどういった練習をされていたんですか?

吉田圭太<br>選手
吉田圭太
選手

熊日30キロの後体調を崩してしまいました。

胃腸炎にかかって、熊日で体調が上がてきたばかりで

回復するまでに時間がかかってしまいました。

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

吉田圭太選手の今期の目標を聞かせてください?

吉田圭太<br>選手
吉田圭太
選手

現時点で記録会などが開催されるかわかりませんが、機会があれば5000m13分30秒台に突入し自己ベストを更新したいです。

三大駅伝、オール区間賞を狙っていく事になると思います。

実際、その力はついてきてますので、あとはどうコンデションを合わせれるかと思います。

大学駅伝2020春号吉田圭太選手記事を参考にまとめてます。

青学吉田圭太選手の有力大学のライバルエースをまとめました。

青学吉田圭太 熊日30キロ2020は3位

熊日30キロはあいにくの冷たい雨と風の為記録は出にくいレースとなった

青学吉田圭太は実業団相手に  1:30’57 で3位に入った。

青学吉田圭太 都道府県駅伝対校男子駅伝2020出場

青学吉田圭太は、2020年1月19日に広島県で行われる、都道府県駅伝対校男子駅伝2020に広島代表の3区として出場する。同じ青学の岸本との直接対決は楽しみだ

青学吉田圭太進路

吉田圭太選手の卒業の進路が発表され

住友電工で世界を目指します。

箱根駅伝2021卒業生進路一覧

箱根駅伝2021卒業生進路情報

青学吉田圭太箱根駅伝2020

 箱根駅伝2020青学のスターターで登場した、吉田圭太選手、今回1区は、今までの牽制から、高速レースとなった10キロの通過が28分40秒からいかに速いレースが展開されたか読み解ける。青学としては1区を無難に取り切る事が優勝への第一条件だったので、大舞台の経験が豊富で安定感のある吉田圭太が予定通りの走りで先頭とそれほど差がなく2区岸本へ襷リレーした。

1区 𠮷田 圭太 (3) 1時間 1分31秒 7位

 𠮷田 圭太
𠮷田 圭太

この1年間は、箱根駅伝総合優勝するために頑張っていた。個人としては区間7位と悔いが残るレースだったので、4年目は個人としてもチームとしても悔いが残らないレースをしたい

青学の強さの秘密が原監督の経歴からわかりました


青学原監督の本が、Amazonkindleお試しで無料で読めます。

青山学院大学吉田圭太の走りで箱根駅伝2020優勝へ導けるか?

 青学駅伝にとって箱根駅伝優勝のキーマン選手吉田圭太選手、エースとしてどれだけ、他の大学の選手と戦えるかが箱根駅伝2020のポイントだ。

前年までは強い上級性がいて、準エース区間を走る事が多く、3連続区間賞と圧勝していたが、今回からは青学駅伝のエースとして、バチバチと他校のエースと争うレースとなった。 

やはり他校を圧倒するまでのレースは今のところ出来ていない、その点を全日本大学駅伝が終わったあとに原監督から助言された。

 それは、青学原監督の吉田圭太に対する期待の表れだ、原監督も1番吉田の走りに期待している。 箱根駅伝2020は1.3・4のエースが集う区間に配置される。吉田圭太の快走があれば青学駅伝の箱根駅伝優勝はグッと近づく。

青山学院大学 吉田圭太 箱根駅伝2020シーズンの成績

 吉田圭太箱根駅伝2020シーズン前半戦は

青学駅伝の箱根駅伝2020注目選手の吉田圭太選手だが、

今季の前半戦は、青学の授業プログラムの一環で、同期の神林選手と

ニュージーランドに語学留学をしていた。

そのため、レースに出る機会がなく、9月の全カレ5000mがデビュー戦となった。

留学から帰国し学生チャンピオンを決める全カレ5000mで13分43秒54で

日本人選手に10秒以上離して、 トップを獲得 今年の青学のエースに上り詰めた選手 

吉田圭太出雲駅伝では、

エース区間3区を任されて、区間新の4位という成績だった。

トップの東洋大学の相澤選手12秒差、駒澤大、田澤選手や國學院大學の浦野選手と

今年の箱根駅伝注目選手に、先着を許していまうが、僅差の勝負なので青学のエース

としての責任は果たしている。

吉田圭太全日本大学駅伝では

原監督の全日本大学駅伝で、ゲームチェンジャー流れを引き込む区間7区に登場

(前回大会も7区に森田選手を起用、ここでトップにたって前回は優勝した区間)

前半快調に飛ばし、12キロ地点で、東海の松尾選手に並んだが、突き放すことが

できないまま、2秒差でトップで襷を渡す。

区間賞は、やはり駒澤大スーパールーキー田澤選手に譲る形の2位となった。

この試合後、青学駅伝原監督から、「エースならあそこから30秒引き離さいといけない

と箱根駅伝にむけて大きな注文をされる。

吉田圭太 箱根駅伝2020にむけて

 青学駅伝の駅伝男として間違ない、吉田圭太選手。

昨年は、連続区間賞で波にのっていたが、今年は他校のエースとぶつかるエース区間

で今のところは区間賞はない。

 箱根駅伝2020では、青学の重要区間を走るのは間違いない。 今のところ有力なのが

2区か3区だろう。 原監督は今年は是が非で優勝を狙いにいくので、

ゲームチェンジャーとしての働きの区間3区に登場できたら、青学の優勝の可能性がグッと

近くなると予想する。

青山学院大学優勝予想はこちら

青山学院大学駅伝 吉田圭太 プロフール

青山学院大学 吉田圭太プロフィール

名前 吉田圭太
生年月日 1998年8月31日
出生地 広島県東広島市出身
身長172cm
体重51kg
血液型A型
出身中学東広島市立高屋中
出身高校世羅高校

ベスト記録 5000m 13分43秒54 1万メートル28分27秒40

青山学院大学 吉田圭太中学時代

吉田圭太は高屋中学3年生の時に、全国中学陸上3000mで5位の成績を出して中学時代から広島県内では有名な選手だった。

青山学院大学 吉田圭太高校時代 

吉田圭太の父の母校であり広島県内で駅伝名門校の世羅高校に進学、1、2年の時は、全国制覇を経験している。2年生時には5000mで13分50秒の記録を出すまでに成長していた。

3年時はキャプテンとしてチームを率いたが全国駅伝1区は19位と不調で優勝を逃し、吉田圭太自身悔しい思いをした。

青山学院大学入学後の成績

青山学院大に入学、1年時は、駅伝出番は無かったが、

昨年大ブレーク、9月の全日本インカレでは5000m日本人トップを皮切りに、

出雲駅伝4区区間賞 

全日本大学駅伝6区区間賞 

箱根駅伝9区区間賞 

の3大駅伝区間賞を獲得した実力者 として一気に青山学院大学のエース

吉田圭太 オリンピックの聖火ランナーに

青学駅伝の吉田圭太選手が地元広島のオリンピック聖火ランナーに選ばれました。

好きなタレントさんは?

吉田選手<br>
吉田選手

宇野実彩子さんかなー

箱根駅伝が終わったら何がしたいですか?

吉田選手<br>
吉田選手

ゆっくり旅行に行きたいですね

青学駅伝を吉田選手の走りで優勝に導いて欲しいですね

箱根駅伝出場選手の好きなタレントさんから宝物などが掲載されてます。

青学優勝特集号

青学駅伝箱根駅伝2021最新情報

青学駅伝の箱根駅伝2021連覇への最新情報を掲載します。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました