石田 洸介(東京農大二高)5000m高校記録更新13分36秒89

Page Views(since2020/02/25)6月16.5万PV 訪問頂きありがとうございます!
1029258
全国高校駅伝

 中学記録保持者の石田 洸介(東京農大二高)が5000m高校記録 (13.39.87) 更新を目標にシーズンインしました。遂にホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で定石田 洸介 選手が5000m高校記録を遂に更新しました。

高校男子5000m日本記録13分36秒89誕生

石田選手が今季目標に掲げていた16年ぶりの5000m高校日本記録が誕生しました。13分36秒89の高校日本新記録誕生です。

目視となりますが3000m過ぎからのペースアップにも先頭集団でしっつかりとたえ、ラスト400mは60秒でフィニシュしました。

1000m 2分43秒

2000m 5分29秒

3000m 8分15秒

4000m 10分56秒

5000m13分36秒

石田選手
石田選手

士別大会で8分10秒で通過しましたが、後半タイムが伸びなかったので

千歳大会は余裕を持って3000m通過することを意識し、そこから上げるプランで臨みました。 プラン通りすすめラスト2周で高校記録いけるかなーと感じました。

5000m高校歴代10傑はこちら

石田洸介大学進学

5000m高校日本記録を更新した石田選手の大学進学に注目が集まります。

石田選手の今後の目標はパリオリンピックという事ですので、大学4年生で

迎える事になります。

箱根駅伝での活躍にも期待ですが、駅伝とトラックの両立ができる大学が有力かと想像できます。

駅伝だけではなくトラックと両立できる大学を考えると

東海大学・中央大学が現時点では現実的ではないでしょうか?

もしくは、トップ選手が入学する早稲田大学この3大学が有力かと考えます。

石田選手の大学進学先は注目です。

高校トツプ選手は、早稲田大学入学の傾向があるので早稲田大学も有力候補です。

大迫選手の経緯もあるので石田選手がトラック中心で行きたい場合は柔軟に対応もできるでしょう。

東海大も、トラック重視からその延長戦に駅伝を捉える傾向にあるので東海大学も

有力大学です。

中央大学は、トラックの個別強化を図りルーキーの吉居選手がU20最高記録を出すなどトラックで世界を目指す選手に寛大な土壌を考えると中大が石田選手が望むスタイルを両立できそうの気もします。

誰もがアッと驚くような進学もあり得るかもしれません。

こちらのブログでは、有力高校生の進路情報をわかり次第掲載していっております。

石田 洸介(東京農大二高)5000m高校記録更新にチャレンジ

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

クロスカントリー日本選手権U20で

28分台ランナーなど多数の有力ランナー参加のなか高校2年生の石田 洸介(東京農大二高)選手が圧勝のレースとなった。

石田選手の走りは、ひとつとびぬけていて高校最後の年に更なる飛躍を感じさえる走りだった。

石田選手
石田選手

クロスカントリー日本選手権 は4キロ過ぎてから誰もついてこなかったので

そのままのペースで押していけました。

昨年は38位と悔しい思いをしたので優勝できてよかったです。

今後は、5000m高校日本記録13分39秒を破りたいですし

パリオリンピックは1万m代表を目指して頑張っていきます。

日本選手権クロスカントリーの結果はこちらです。

箱根駅伝<br>ファン
箱根駅伝
ファン

クロスカントリー後のコメントにもあるように

高校3年生になる今年

5000m高校日本記録更新に期待がかかる。

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

高校男子5000m歴代ランキングです。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020で高校日本記録に!

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

5000m高校日本記録13分39秒を狙う

石田 洸介選手がホクレン・ディスタンスチャレンジ2020

の3レースにエントリーされました。

 大学生・実業団選手で日本トップレベルの選手が多数エントリーするこの大会で石田 洸介選手の5000m日本記録のアナウンスが聞かれるのに期待です。

名前高校大会種目記録
石田洸介東京農業大学第二高校士別大会5000m
石田 洸介東京農業大学第二高校深川大会5000m
石田 洸介東京農業大学第二高校千歳大会5000m

石田選手の高校日本記録チャレンジ士別大会は

ライブ配信されます。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020エントリー結果はこちらに掲載

高校陸上2019/5000mランキングトップ

5000m男子世界記録 12分37秒35ケネニサ・ベケレ (エチオピア )

5000m男子日本記録 13分08秒40 大迫傑

5000m男子高校記録 13分39秒87 佐藤秀和 (仙台育英高等学校)

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

高校陸上2019の5000mランキングトップは並み居る強豪選手を抑え、2年生の石田 洸介(東京農大二高)が高校2年歴代4位の13分51秒を記録し見事ランキング1位です。

高校陸上2019・5000mランキングはこちら

7716chuo 様動画

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

5000m高校日本記録は、2004年に 佐藤秀和 (仙台育英高等学校)

が記録した 13分39秒87  です。

動画を見てもらえればわかりますが、実業団選手や、箱根駅伝で活躍する

選手とほぼ変わらない堂々とした走りです。

まだいっぱいいっぱいの走りではない走りです。

16年ぶりの更新も現実的です。

石田洸介出身

石田洸介( 東農大二高)プロフィール

名前
生年月日 2002年8月21日
出身 福岡県遠賀町出身
身長・体重172cm/58kg
中学浅川中学
高校東京農業大学二高

高校駅伝<br>ファン
高校駅伝
ファン

石田選手は、福岡県遠賀町出身の九州男児です

石田洸介 選手は中学記録を3つマークしたスーパー中学生でした。

1500m3分49秒72をマーク。ジュニアオリンピックでは3000メートルで8分17秒84を出し、中学記録を1秒30塗り替えました

さらに同12月の日体大長距離競技会5000メートルでは14分32秒44。中体連の正式種目ではないため非公式ながら中学最高記録を樹立した

3種目の中学記録保持者です。

高校駅伝最新情報はこちら

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました