青山学院大学駅伝新入生佐藤一世箱根駅伝で強い選手になりたい。

Page Views(since2020/02/25)9月12万PV 訪問頂きありがとうございます!
1465281
青山学院大学

 青学駅伝の新入生に八千代松陰高校の佐藤一世が入部した。全国高校駅伝で1区1位の激走(日本人歴代1位)の28分48秒を記録した世代トップ選手、青学でタイムよりも箱根駅伝で強い選手になりたい

佐藤一世青学駅伝に入部

青学<br>ファン
青学
ファン

高校駅伝1区区間賞の佐藤一世選手が

青学駅伝に入部しました。

青学に入学を決めた理由は?

佐藤選手
佐藤選手

大学では、トラックより駅伝を重視したいと考えていました。

箱根駅伝が強く、高いレベルでさらなる高みを目指せるチームで

青学に決めました。

佐藤選手
佐藤選手

青学は、高校よりも緊迫感があって厳しいと思ってましたが、

オンとオフのメリハリがあると思いました。

先輩方も優しく、寮になれる環境を作ってくださってようるに

感じてます。

青学<br>ファン
青学
ファン

青学での目標を教えてください

佐藤選手
佐藤選手

タイムではなくとにかく誰もが認める強い選手になりたいです。

1年目は、とにかく環境になれる事をです。

そのうちに長い距離に対応できるようにしていき

三大駅伝メンバーに絡んで箱根駅伝にまづは出場できたらと思います。

佐藤一世 青学入学で5000m13分48秒

青学に入学した佐藤一世選手が

春先に部内で行われた5000mトライアルで

13分48秒の自己新を更新したようです。

キャプテンの神林選手が13分47秒で走り

1年生の山内選手も13分台を記録したようです。

陸上競技マガジン6月号参考

佐藤選手
佐藤選手

こんな自己ベストが出るなんて思っていなかったです。

青学の先輩に食らいついていったら自己ベストが出ました

トラックでの結果が出てなかったので嬉しいです。

青学箱根駅伝2021の戦力はトップです。青学駅伝戦力分析

青学駅伝新入生佐藤一世 高校駅伝1区区間賞

 高校駅伝1区は28分台が8人とハイレベルのレースとなった。そのなかで佐藤一世は終始先頭集団を引っ張る積極的な展開でレースをリードした、残り1キロ九州学院の鶴川がスパートしたがせれに冷静に対応し、ラストも切れのあるはしりで日本人歴代1位の28分48秒で圧倒的な走りで制した。

青学の強さの秘密が原監督の経歴からわかりました


 

  都道府県駅伝5区佐藤一世区間新なるか?

ひとり社長
ひとり社長

佐藤選手は都道府県駅伝5区で区間新だせますか?

原監督
原監督

佐藤君は、記録だけではなく

ロードでのタフさもあるので十分

5区区間新の可能性はありますよ

青山学院大学駅伝 新入生 佐藤一世

名前 佐藤一世
生年月日 1998年5月8日
出生地 千葉県
身長162m
体重44
血液型A型
出身中学 松戸市立小金中学校
出身高校八千代松陰高校

ベスト記録 5000m 13分58秒70 1万メートル29分13秒

青山学院大学  佐藤一世 八千代松陰高校

  • 高校1年、天皇盃 第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会にエントリー
  • 2018年、全国高校駅伝 1区29分20秒
  • 2019年、都道府県駅伝 5区24分29秒
  • 2019年、千葉県高校駅伝 1区29分43秒
  • ・2020年 全国高校位駅伝1区28分48秒日本人歴代1位

高校駅伝有力選手の進路はこちら

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました