大迫傑東京マラソンで東京オリンピック男子マラソン内定なるか?

スポンサーリンク
大迫傑

大迫傑が東京マラソン2020に出場します。現時点では東京オリンピック男子マラソンの最後の1枠に一番近い大迫傑あえて待つのではなく、設楽悠太、井上大仁との直接対決で正々堂々と勝負して東京オリンピック男子マラソン代表を狙います。

スポンサーリンク

大迫傑東京オリンピック男子マラソン内定の条件

大迫傑選手が東京オリンピック男子マラソン内定の

条件を教えて?

大迫傑選手は、MGC3位だったので、MGCファイナルチャレンジ東京マラソンと 琵琶湖毎日マラソン2大会で2時間5分49秒を切れる選手がいなければ、自動的に 大迫傑選手が東京オリンピック男子マラソン代表に決まります

大迫傑選手が東京オリンピックマラソン代表に決まる

確率が高いんですね?

今回の設定タイムは、大迫選手が持つ日本記録なんだけど、東京マラソンは記録が出やすいコースと言われていて、気象条件が整えば、設楽悠太選手、井上大仁選手はおそらく日本記録更新もかなりの確率で高いと思うよ。

だから、ほんとうなら一番有利な大迫選手は

待たずに、あえて東京マラソン出場で、設楽悠太、井上大仁

との直接対決に勝って、自力で東京オリンピック男子マラソン代表

勝ち取ろうと東京マラソンに出場するんだね。

大迫傑選手が東京オリンピックマラソン代表に選ばれる条件は

① 2時間5分49秒を破る選手がいない

②2時間5分49秒を破る選手がいた場合は、その選手に勝たなければいけないんだね。

琵琶湖毎日マラソンはコース的に記録は難しいから、実質東京マラソンで

東京オリンピック男子マラソンの代表が決まる確率が高いよ。

東京マラソン出場者から東京オリンピック男子マラソン内定者を予想します

大迫傑東京オリンピック男子マラソン選考MGCのレース

 夏のレースとは思えないハイペースで設楽が1キロ3分で快調にとばすが、30キロ過ぎから暑さの為に、やはり設楽選手は失速してしまう。

37キロで集団に吸収されて、そこからがサバイバルレースとなる。

駒澤大出身の中村選手がスパート やはり、足をためていたんだろう。

ここでのスパートは余力のある選手しかだせない、残り1キロ 大迫も追いつくが、そこから中村選手スパート もう 余力が残っていなかった大迫選手は、服部選手にも抜かれ、3位でゴール 夏のレースの過酷さと自分を知るクレーバーさが勝敗の分かれ目を露骨に出したレースとなる。

大迫選手は、MGCで敗れた原因を

設楽選手の飛び出しで、少し焦りがあって前半

足を使って後半に余力を残せなかったと

語ってました。

MGCレース結果  東京オリンピック男子マラソン 内定

マラソングランドチャンピオンシップ】
・男子 公式リザルト
 1位:中村匠吾(2:11:28)富士通   駒澤大学出身 東京オリンピック内定
 2位:服部勇馬(2:11:36)トヨタ自動車 東洋大学  東京オリンピック内定
 3位:大迫傑(2:11:41)  ナイキ   早稲田大学 第一候補

東京オリンピックマラソンMGCに向けてどんなプロセスを考えていたか?

MGCに向けて、どんなプロセスで考えているかというと、一番大事なのは

単純に故障をしないで練習すること、東京にいけば、注目度が高くなる

と、勝手にプレシャーを感じしまう自分がいるので、それをいかに乗り換えるかも課題に感じている。

 スタッフと話している事は、自分が驚かないように心の準備をすること、不動心でこなすことが大切だと思う。

一喜一憂しないでその時のベストを尽くせば、僕は勝てる事を信じています。

 特別な事は、何もしていなくて、目標達成するためにいかに無駄な事をしないかすべての決断は最終的な目標にある。

 もちろん東京オリンピックについてもかんがえたいですが、今はそこまでの余裕はありません

 文春 走って、悩んで、見つけたこと 引用

 ★この大迫選手の本を読んで、感じた事ですが、 オレゴンのナイキのコーチと

目標設定をし、それを微調整しなが、目標の大会に照準を合わせることを書いてあり

今回のMGCに対して、スタートラインに立つまでに完璧な状態で臨むことで、自信をもって平常心でどんなレース展開になろうと、動揺せずに自分のペースを守れれば、勝てる勝算があり現時点では、しっかりと練習が消化されていた。

しかし今回は、設楽選手の予想外のハイペースに後方で走っていて、少し足を使いすぎたとインタービューがありました。 

残り3キロからの中村君の勇気あるスパートが大迫選手のラストのタメを奪ったといえます。

だが本の中に書いてあるが平常心で試合に臨めればの真意が、見事にMGCレース展開に影響を与えた。

設楽選手の大逃げは、予想を遥かに超えていて、おそらく35キロまでは、残り1枠をあの集団の中で争っていた。

スピードの出入りもあって、優勝候補の大迫選手にとってレース中のプレッシャーは、相当なものだったに違いない。

 東京オリンピックマラソン大迫選手東京マラソン棄権で考えこと

大迫選手
大迫選手

これまで、シンプルにシンプルに自分の思考を研ぎ澄ませてきたが、今回、東京マラソンのメディアの注目度が、欲を生み、自分が目指すシンプルな思考にたどりつけなかた。

大迫選手
大迫選手

東京マラソンのスタートラインにたった時は、凄く充実してました。その理由は、練習のプロセスで凄く大変な思いをして、それを乗り越えた部分がありました。

<br>

東京マラソンのあとどんな気持ちだったんですか?

リタイヤはしたが終わった後は すきりしていましたが

やめてしまって悔しいという思いはあったが、やっと終わったとう安堵感や、レースが終わったから友達と遊びにいけるなーと思っていたが、けれどもまわりはそうはとらえてくれなかった事あって、時間がたつほどに自分に自信がなくなってしまいました。

  • それは、まわりの反応がやはり、マラソン日本記録保持者としての捉え方に変わり、走れなかった事を今まで通り軽く捉えてくれなくなった事を意味する。

大迫選手のマラソンレースの考え心のなか5つのポイント

走って悩んで見つけた事の中に大迫選手のレースでの考えが書いてありました。

私なりに考えた5つのポイントです。

  1. レースが始まると、前半はあまり展開を考えずに、なるべく力を使わないように省エネを意識する
  2. マラソンはエネルギーをいかに使わずに少しづつ出していくのが重要
  3. 最初は目立たないように、いつも後方で一歩引いて走っている。
  4. 常に外側からレースを分析し、基本的には自分のリズムだけを大事にする
  5. 自分の力をいかに使わないかに注意し、35キロ、40キロまでいくかを大事にしている。

MGCのレース展開は大迫選手は予想していた

 MGCのレース展開を明らかに大迫選手は予想していた。

だが設楽選手の大逃げが、作戦に影響を与えたのは事実だ。

後方集団でその中のトップを取るのと、二番でも内定となるとプレッシャーは、倍になってしまう。

その分優勝候補の大迫選手もプレッシャーを感じ平常心を少し乱した部分があったと思う。 

だがライバル達も強かったのは、事実 中村選手の残り3キロからのスパートはやはり強さからなせる部分だと思う本当に勝負強さだ。

そこでスパートかけられた事は、大迫選手も予想してた残りの貯めを奪ってしましった。

大迫が東京オリンピック男子マラソン出場に必要な事

MGC3位となった大迫選手にアドバンテージがあるのは確かだが、2時間5分50秒を破る選手が出てきた場合は、内定できない。 

何もせずに東京オリンピックだけを見据えてトレーニングに励むか? 

本来ならそれが正攻法のやり方だと思う。だが今回MGCで内定を取れなかった選手は、おそらく東京マラソンで最後の1枠を狙って、日本新目指してチャレンジしてくるはづだ、設楽選手は今日は、後半失速したが、真冬のレースならかなりのペースでおしていきそうだ。

 大迫選手は何もしないで待つよりも、あえて東京マラソンにガチンコで挑戦してくると思う。

上の文書は、MGCが終わったあとに私が書いた文書です。

予想通り、東京マラソンで最後の1枠を自力で取りに来た。

プロの魂を感じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました